体験談:無理は禁物

 

From長田真毅

さて、今日の話は
完全に個人的な話になってしまうんですが、

これは定期的に話しておいた方が
いいなと思ってこれを書いています。

その話は、僕の目の話です。
もう気が付いたら2年が経ちました。

 

僕が目の病気になった訳

僕が病気になったのは、
2年前の2019年の1月。

朝起きると、
なんか左目が白く
靄がかかったように見えました。

ただ、痛くもなんともなく
「なんか目が疲れてるのかな?」
くらいにしか感じていませんでした。

家族には朝、
目がちょっと変という位の
話をしてそのまま仕事に。

会社に行って仕事を始めても、
その状態は変わりませんでした。

そして、お昼を食べに
外に出たんですが、

「やっぱりその状態は
 おかしいから病院に
 行った方がいいよ!」って、

成澤さんが言ってくれたんですね。

今思うと、そのアドバイスが
自分の目が失明しないで済んだ
分水嶺だったと思います。

そうして会社近くの眼医者に行ったところ、

「もしかしたら大変なことに
 なるかもしれないから、
 紹介状出すので明日必ず
 大きな病院に行ってください!」

と、先生に言われてしまいました。

しかも、しっかりとした
眼医者がいる病院を
わざわざ調べてくれました。

それが木曜日のできごとです。

痛くないので、そんなに
大きな病気になっているとは思わず(信じられず)
なんとも不思議な感じでした。

その日の午後、
某大学病院に電話をして
急にも関わらず、次の日の金曜日に
無理やり診てもらうことになりました。

朝早く病院に行って、
丸一日色々な検査をしました。
(4時半起で8時病院到着)

ただ、金曜日なので
検査結果が出るのは週明けの月曜日。

不安な気持ちと、
「痛くないから大したことないのでは?」と
楽観的に思いたい気持ちで、

なんとも言えない気持ちのまま
週末を過ごしました。

そうして週明け。

病院から直行で会社に
行くつもりだったので、
PCなどしっかり準備して
また朝一に病院に行きました。

結果は、即入院。

急性網膜壊死という病気でした。

この病気は
いくつか原因があるらしいのですが、

僕の場合はヘルペス菌が目に入ってしまい、
目の網膜を侵食してしまうものでした。

よく唇にブツブツができちゃうあれですね。
あれが目に行くと一気にヤバい病気になります。

この病気は投薬治療しかなく、
約3週間入院しました。

一日中点滴が手放せず、
目薬も4~5種類を1日4~8回刺したり
大変でした。

いっぺんにさせる訳ではないので、
時間がかかるんですよね^^;

痛くなかったのがせめてもの救いです。

なんとか失明は免れて
退院することはできましたが、
目は元には戻りませんでした。

網膜はボロボロで、
いつ網膜剥離が起きても
おかしくない状態です。

実際、薬もたくさん飲んでいましたが、
半年後に網膜剥離になってしまいました。

網膜をしっかり固定させるため
目の中にシリコンオイルを入れ、
目がパンパンになるようにしました。

また、硝子体をレンズに入れ替える手術もしました。
(これは老眼の手術と一緒ですね)

ぱっと見は普通の目と変わりませんが、
今でも網膜がしっかり付いてくれないので
目の中のシリコンオイルは抜けず
薬も飲んでいます。

 

結局何が言いたいかというと

僕がこの話をしたのは、
あなたに無理をしてほしくないからです。

僕は今まで骨折もしたことはないし、
大きな病気をしたこともありませんでした。

数年に一回、
インフルエンザにかかるくらいでした。

でも、病は突然やってきます。
今まであまり気にしていませんでしたが、
目とか歯とか、一度悪くなってしまうと
元に戻らないものが多いんですよね。

当時の自分は、
自分を過信し過ぎていた気がします。

仕事も忙しかったし、
あの時は祖母も入院していて
見舞いとかも週末に行っていて、
自分の余裕がなかったと思います。

遅寝遅起きで
夜中まで仕事をしているのも
ザラでした。

段々と、体が弱っていたんですね。

無理をしていた結果、
取り返しのつかない事態に
なってしまいました。

僕と同じようなことに
誰にもなってほしくありません。

 

最後に

バリバリ仕事したり、
週末に副業でお金を稼ぐことは
悪いことではありません。

でも、覚えておいてほしいのは、
「体は正直」です。

睡眠を削った分、
休みの時間を削った分、
それは体に跳ね返ってきます。

ぜひ、適度に休みをとりましょう。
十分な睡眠をとりましょう。

一度失うと、
取り戻せないものは
沢山あります。

無理は禁物です。
自戒を込めて。

 

PS.
目は本当に怖い病気が多いので、
気を付けてくださいね。

自分もあと1日遅かったら
失明していたと言われました(マジです)

毎日目の中の写真を撮っていましたが
ヘルペス菌が段々と侵食していくのが
分かりました。

薬が効くのが時間がかかったので、
あの時はもうダメかと思いました。

実際に同じ病気を調べてみると
病気の発見が遅くて失明するケースが
多いみたいです。

今でも夕方はまぶしいし、
焦点が合わないから目もすぐに疲れる。

一時は薬代だけで
月3万くらいかかってました。

それプラス月々の病院代は
結構な負担でした。

本当に、病気になって
いいことなんて1つもありません。

違和感があったら
すぐに病院へ行くことを
真剣におすすめします。