ヒット商品を作る意外な方法

From:昌子 幹

先日、クライアントと
打合せをしていた時のこと。

そのクライアントの
セミナー集客のための
レターをどうするか?

ということを話していたんですが、
「こんな感じではどうですか?」と
あるスワイプファイルを紹介しました。

でも、話をしていると今回のセミナーとは
ちょっと訴求がずれていることに気づいたので

「やっぱり、これは今回は使えないですね」

と言って、そのスワイプファイルを
そそくさとしまおうとしたその時、、、

「ちょっと待った!!」

なつかしの「ねるとん紅鯨団」ばりの
待ったコールがクライアントからかかりました。

クライアント
「そのレターってめっちゃ売れたんですか?」


「(スワイプファイルに
してるくらいなので)
めっちゃ売れましたね」

クライアント
「ということは、そのレターの
訴求に合わせた商品を作ったら
売れるんじゃないですか?」


「な、なるほど。確かに、
その手もありますね、、、」

というわけで、
今回のセミナー集客では
そのスワイプファイルは
使わなかったのですが、

その訴求はクライアントの
顧客にも当てはまりそうなので、

その訴求に合わせた
別の商品も考えてみる
という話になりました。

僕たちがセールスレターを書く時って、
すでに売る商品が決まっている場合が
多いのではないでしょうか?

で、その商品を売るために最適な
スワイプファイルを探す場合が
多いのではないでしょうか?

でも、その商品に「まさにピッタリ」の
スワイプファイルなんて
なかなか見つからないものです。

だったら、スワイプファイルに合わせて
商品を作ってしまえばいい、、、

というわけです。

確かに、売れるかどうかわからない
新商品を頑張って売ろうとするよりも、

売れた実績のあるセールスレターに
合わせて商品を作った方が、
売れる確率は高くなるかもしれません。

もちろん、商品そのものを
そのまま真似するのはNGです。

あくまでその訴求を真似するのです。

例えば、Quick & Easyを
メインの訴求にしている
スワイプファイルなら、
その訴求に合わせた商品を作る、と。

これは、僕たちライターにとっては
クライアントへの提案のひとつとして
活用できるのではないでしょうか?

とりわけ、まだ実績のあまりない
ライターにとっては

「史上最も売れたセールスレター」とか、
「1通で1億円を売り上げたセールスレター」とか、

そのセールスレターなり
そのレターを書いたライターの
実績や権威を借りてくることができます。

もちろん、コンテキスト(背景情報)を
しっかりと考慮する必要はありますし、

商品を割と柔軟に作ったり
変更したりすることができる
ということが前提ではありますが、

クライアントに提案するときの
ひとつの方法として使えるかもしれません。

一度、試してみると
いいかもしれませんね。

それでは、また。

昌子 幹