迷っているお客さんに効く「一言」

From:大林寛大

 

クロージング。
それはセールスの締めくくりです。

お客さんが買うか、買わないか
迷っているときに
あなたの最後の言葉で
売れるか、売れないかが
分かれてしまうことがあります。

いま、あなたの目の前に
あなたのサービス・商品を買おうか
やめておこうか迷っているお客さんがいます。

さて、あなたなら何と声を掛けていますか?

「良い商品ですよ」
「とても人気でいま売れていますよ。」
「明日には売り切れになるかもしれませんね。」

色々と言っているかもしれません。

実は今言った言葉よりも
もっと良い言葉があるんですね。

この言葉に変えただけで
お客さんがより買ってくれるように
なったとデータが出ています。

迷っているお客さんに一言。
こう言ってみてください。

「私にお手伝いさせてください。」
「私に協力させてくれませんか?」

 

たったこういうだけで
なんと成約率がUPしたとデータが出ています。
(実際、僕も同じこれで獲得しやすくなりました。)

これがなぜ上手くいくのか
なんとなく分かりますよね。

この言葉には「売り込んでいる」
という感じがしにくいからです。

つまり、お客さんの
「防衛本能」が働きにくいとうわけです。

また「お手伝い」「協力」と言うだけで
親しみを感じ、距離感がいい具合になります。

今の時代、ほぼどのビジネスにおいても
「売り込み」を感じると消費者側は防衛本能が働きます。

それを証拠に、アパレル業界では
「店員の売り込みがウザい」
「じっくり自分でみたい」
というデータが出ています。

一方、ユニク◯やG◯では
「店員が売り込みをしないのが良い」
「自分の好きなように決められる」
と評価が高いようです。

お客さんが迷っているときは

「私にお手伝いさせてください。」
「私に協力させてください。」

と言うようにしてみてください。
それに、こちらの方が言いやすいと思いますね。

 

PS.
セールスをするなとは言っていません。
大事なことは、「セールスしやすい環境」を事前に作っておくことです。
ではやったらセールスが環境が作れるのか?
それは、こちらになります。