モチベーションが上がらない

from 成澤将士

安倍元首相が亡くなってしまった。

僕はこの報に触れてから、どうにも何のやる気も出ない。

やることはいっぱいあるのに、全然手も頭も動かない。

特に面識があったわけでも熱心なファンでもないのに、この喪失感はなんだろうね。

 

ぶっちゃけ、今日のメルマガも事前にネタは決めてたけどそれを書く気力もないし、こうして書きながらも何を書くかも定まってない。

 

数年前に祖父母が立て続けに亡くなった時もこんな感じだったのを思い出したよ。

 

ホント、僕らの仕事ってモチベーションが影響するんだよね。

 

例えば誰かが亡くなったとか、親しい人とケンカしちゃったとか、大切な人と別れちゃったとか、何か病気が発覚したとか、家族に何かあったとか、そういう仕事に全く関係のないことでも、大いに仕事に影響を及ぼす。

 

だから健全な心身や良い人間関係を養うことは、いい仕事をするには一番重要なことだったりするんだよね。

 

とはいえ、どれだけ気を付けて鍛えていても、今の僕みたいにダメな時もある。

しょうがないよね。人間だもの。

 

そんな時は、誰かと話したり、逆に一人の時間を作ったり、切り替えというか自分の気持ちに折り合いをつける時間が必要だよね。

 

そう、時間が必要なんだよ。

 

だから仕事をする時は、そういう時間も織り込んでスケジュールを立てる方が良いよね。

 

基本的に物事は思い通りに進まないことの方が多いし、どうしたってモチベーションが上がらないとときもある。

それに体調不良で仕事ができないことや、身内の不幸や不測の事態だってある。

 

だから、なるべくスケジュールは余裕を持って取り組むべきだし、物事は先送りにしない方が良い。

 

予定より早く終われば、見直しの時間が増えてさらにクオリティが上がるかもしれないし、早く納品できればクライアントが喜ぶかもしれない。

それに、空いた時間は新しい仕事を入れたり、自己投資やリフレッシュ、家族サービスに使うことだってできる。

 

良い事づくめなんだよね。

ゆったり納期だと収入が減るって思うなら、腕を磨くなり頭を使うなりして単価を上げる努力をすればいいだけ。

 

忙しいって字は「心を亡くす」って書くんだよね。

僕らの仕事の本質は、人の心に訴えるとこ。

だから、僕ら書く側が心を亡くしてはいけない。

その状態で良い仕事をするのは難しいから。

 

なので、なるべくスケジュールには余裕を持とう。

 

って偉そうに言いながら、いまウチの会社は創業以来一番の大忙しでスケジュールの余裕が全くないどころか案件が何重にもなって進行してる状態でさらに問い合わせが来てるんで、まったくその通りにできてないんだけどね。

ウチは会社組織だから何とか対応できてるけど、個人でこんなことしたらマジで倒れるから、ホント良い子は絶対マネしちゃダメだからね!

 

ということで、何とかメルマガの体裁はとれたかな。

色々あるけど、今週もお互い頑張ろうね。

「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール

1 個のコメント

  • 成澤 将士様
    毎回メルマガを楽しみに拝見しております。ライターをしております蜂巣と申します。
    今回はメルマガからサイトに飛んで、「モチベーションが上がらない」の記事を拝見しました。

    成澤様同様に、私も同じ状態になる時があります。「余裕を持って前倒し」とはおっしゃる通りなのですが、なかなか予定通りには行かず、最後は火事場のバカヂカラ対応が多しです。これではいかんと
    思う日々です。タイトルやリード、構成を考えたり、本文を書いたり、よりよくしようと思えば、キリがなく、落とし所が見つからずあっというまに時間が経過することが多々あります。経験値の蓄積が適正なポイントを決める一つの要素となりうるのだろうかと思い、精進する日々です。

    今後ともメルマガを楽しみにしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください