鵜呑みにするな

From:昌子 幹

「ガビーン、まったく減っていない…」

今年の7月の初旬、
僕は途方に暮れていました。

というのも、ジムに通い始めてから2ヶ月、
僕の体重は1キロどころか100グラムすらも
減っていなかったのです。

体重だけではありません。

筋肉量やら脂肪量やら、
あらゆる数値が
2ヶ月前とほぼ同じ。。

思えば、それまでの2ヶ月、
過去最高を記録した体重を減らすべく
僕はトレーニングに励んできました。

トレーナーの指示に従い、
筋トレから入り有酸素運動で仕上げるという
メニューを週2回必死にこなしてきました。

にもかかわらず、
まったく変化なし。

これは、全精力を傾けて作ったセールスレターが
こけた時と同じくらいの衝撃でした。。

「あんなに一生懸命やったのに、なぜ?」

計測してくれたトレーナーに
その言葉をそのままぶつけてみたところ
とんでもない答えが返ってきました。

「有酸素運動した後に筋トレした方が
脂肪は効果的に燃焼しますよ」

これには心底驚きましたね。

というのも、最初にメニューを作ってくれた
トレーナーには「筋トレの後で有酸素運動した方が
脂肪は燃焼する」って言われていたからです。

しかも、ネットで調べてみると
ほぼすべてのサイトで
同じことを言っていたので
「筋トレが先」と信じ込んでいたのです。

とはいえ、筋トレ→有酸素運動の順番で
体重が1ミリも減らなかったのもまた事実です。

そこで、だまされたと思って
有酸素運動→筋トレの順番でやってみました。

そして、それからはこまめに
体重を計ることにしてみました。

すると、、、

なんと、それからは着々と体重が減り続け
1ヶ月ほどで3.5キロ減っていたのです。

ひとりガッツポーズをする一方で
僕は不思議に思いました。

「これはいったいどういうことなのか?
最初のトレーナーは嘘をついていたのか?」

おそらくどっちのトレーナーの
言うことも本当なのだと思います。

科学的な根拠について
調べたわけではないので
詳しくはわからないですが、

僕の場合は何かの理由(条件)で
有酸素運動→筋トレの方が効果があった
というだけの話なのかなと、、、

実は、これはコピーでも
同じことがよくあります。

あなたもコピーを学んでいて

「あの人の言っていることと
この人の言っていることが違う」

と思ったことはありませんか?

僕は結構ありました。

レターのレビューをしてもらっても
人によって真逆の指摘をされることも
よくありました。

結論から言うと、どちらも正しいし
どちらも正しくないかもしれないのです。

どちらも自分の経験上から言っているはずなので
その意味ではどちらも正しいのです。

でも、それがあなたのセールスコピーでも
同じ結果が出るかどうかは別の話。

背景情報が変われば、結果も変わります。

例えば、
「ヘッドラインを白抜き文字にするのはNG」
という話を聞いたことはありませんか?

これは、白抜き文字にすると文字が
読みにくくなるからというのが理由で、
実際に実験でも証明されています。

ところが、必ずしも
そうではないみたいなんですね。

少なくともウェブサイトではあまり関係ない
という実例もよく聞きます。

重要なのは、
本や教材に書かれていること
人に言われたことを
鵜呑みにし過ぎないということ。

セールスレターを作るにあたって
まったく同じ条件下で書く
ということはまずありません。

であれば、同じことをやっても
同じ結果が出るとは限らないのです。

そのことをわかった上でやるのと
そうでないのとでは
その後の対応がまったく違ってきます。

わかった上でやれば、
たとえいい結果が出なかったとしても
その理由を考察することで
次に繋げることができます。

一方、本に書かれていることや
人に言われたことを鵜呑みにしてしまうと

「言われた通りにやったのにうまくいかない」
と言ってそこで思考停止してしまうだけです。

(実際、僕はレビューをした相手から
「スワイプ通りにやってるのに
なんでダメなんですか!」と
キレられた経験が一度ならずあります。。)

とりわけ、コピーというのは
正解というものが
あってないような分野です。

何が正しいかを考えるよりも
まずは実際にやってみる。

うまくいったらその理由を考える。
うまくいかなくてもその理由を考える。

そして、それを次に活かす。

それを積み重ねていくことで
上達スピードは加速度的に
早くなっていくはずです。

ま、僕の体重がなぜ減ったのかは
いまだによくわかりませんけどね。。

それでは、また。

昌子 幹