クライマックスで不発した売り方の話

from: 藤村紀和

 

先日クルマを運転してまして、
久し振りにFMラジオを聴いたんです。
そうしたら、番組のワンコーナーで
ラジオショッピングが始まりました。

 

TVショッピングはちょくちょく見かけますが、
ラジオショッピングは余り聞きません。
だからなんだか聴き入ってしまいました。

 

ラジオショッピングもDRMの宝庫です。
しかも言葉だけで説明するんですよね。
楽しみに聴いていました。

セールスコピーの構成みたいに、
内容が展開されて、
さぁ最後クライマックス!
お値段の発表!

 




発表後に僕は思わず、
「は?」
と言ってしまいました。。

 

 

出だしは快調だったですよ。
いきなりオファーから入ってきました。

 

 

どうやらキャンペーン期間中で、
今週はどの商品も「20%OFF」なんです。
お得感を前面に押してきます。

 

そして今回の商品は、
「冷感マスク」
でした。

 

このご時勢、マスク着用が
マナーみたいになっていますし、
でも不織布マスクは熱くて
熱中症リスクがあります。

だから商品的にもタイムリー。

 

 

 

商品の特徴も、
冷感素材使用で蒸れず熱を冷たさに変換
細かいフィルターでウィルス通し難い
UVカット99.9%で紫外線も怖くない
伸縮性生地で耳も痛くならない
色も4色から選べる
何回でも繰り返し洗える

 

 

売る人とラジオDJの間でやり取りしながら
軽快に話が進んできたんです。

 

そして最後、価格のプレゼン。

「お値段なんと、、」
「15枚で3,200円!」
30枚入りは5,600円です!

で、お電話はこちら…
と続きましたが。

 

 

15枚で、3,200円?

 

 

どうなんでしょう。
あなたはどう感じましたでしょうか…
(あなたは実際ラジオ聴いてないけど)

 

僕は、ぜんぜん安いと思わなかったです。
というより、
そもそも安いのかどうか分からなかった。

 

iphoneのように
決め打ちの一点買いならこう思わなかったでしょう。

 

 

 

結局は、比較する基準となるものが
自分にピンとこなかったから、
こう思ったと思うんですね。

 

何と比較するか、
読み手・聞き手の頭のなかにあるもので
何と競合させれば「お!良いね」
と思ってもらえるか。
今回のラジオショッピングの売り込みは、
僕には大失敗だったという結果でした笑