フロントエンド撒き餌に釣られ

「ジャケット欲しいなぁ」
僕が最初、目に留まったのがこれでした。

「ジャケット 2,900円」

紳士服メーカーという、
高品質のスーツを扱うお店。
2,900円といえども良い品質なんだろうって期待したんですね。

 

ここでビリーフ(思い込み)が、
既に発動していますね(笑)
そして店員さんが接客してくださいます。
しっかりこちらの希望をヒアリングしてくれます。

 

 

デザインや色目、使途、
そして予算。
予算ラインのジャケットを、
いくつか持ってきてくれました。

 

 

結果として、
オススメを一品購入し、
2,900円のジャケットも一品購入。
オススメいただいたものは、
とても満足な一品です。

 

2,900円のものは、
2,900円だからいいか…
という感じです。
お店からすると、在庫が捌けたということです。

 

 

リアルで接するからこその強み、
これかなと思いました。
“押し付け”の接客じゃなく、
一歩下がった接客という感じ。

 

 

会計の準備等されているとき、
店内を歩きました。

客単価UPネタの数多く、でした

 

まず商品のスペースで、
どの層をターゲットとして大きく捉えているか分かります。

 

就活女子向けと、シニア層のスペースが広い。
これは「働く女性」とか、
「今までスーツを着てきた世代」
という馴染みある相手になっていますね。

 

そしてDRMの施策の数々、

・スーツ下取り値引き
・スラックス下取り値引き

買い替え需要の喚起です。
不用品処分という嬉しさにフォーカスして、しかも安くなる。

 

・2着目半額
・3着目無料

追加購入を促し客単価UPです。
原価率30%以下のもの、
●か月以上在庫になっているものが対象かな?

 

・スラックスひとつ買ったらもうひとつオマケ
・●円以上お買い上げでシャツ1点無料

トータルコーディネート狙いです。

 

ある程度必要性を求め、
お店に来店していますよね。
なので、客単価UPのきっかけが
そこかしこにあります。

 

そして会計時に抽選。
ちょっとしたアクセサリーが当たります。
そしてさらに抽選で、
「○月○日 当選番号店頭発表」
として、足を運ぶ工夫をしていました。

 

景品もなかなか良いものです。

 

業界自体が縮小するなか、
他業種にも進出している紳士服メーカー。

でも既存客をしっかり掴む。
そしてリアルの対面接客で、
氣持ち良くお買い物していただく。

 

そんな姿勢を感じます。

 

こうした施策の数々は、
いろんな業種に転用できそうですね。
そうしたネタを、
「どう変換して使うか?」
これを考えていくと力もつきそうですね。

 

追伸)
JMWAはセールスライター業界の発展、そしてセールスライターの地位向上を目指しています。
お知り合いのセールスライターにJMWAのメルマガをご紹介頂けると嬉しいです。

https://jmwa.org/