「こんな間違い」の間違い?

「あなたは英語でこんな間違いをしていませんか?」
という有名なヘッドラインがあります。

使いやすいアイデアなので
よく真似されます。

でも、いくら形だけ真似ても効果はありません

まずは、読み手が
避けたい「間違い」であることが必要です。

そうでなければ読んでもらえません。

そして次に必要なのが
「こんな間違い」の「こんな」の部分です。

読み手が何気にやってしまっていて
それが間違いだと知った時に赤面するような間違い
であることが重要です。

別に大したことのない間違いだと
その間違いを直したいという欲求が生まれません。

欲求が生まれなければ
その問題を解決しようとは思わないでしょう。

つまり、商品やサービスを購入してもらえない
ということです。

このあたりのことを
「あなたは英語でこんな間違いをしていませんか?」
というアイデアを考え出したジョン・ケープルズの解説本

『ものいう広告』ダイヤモンド社
をもとに詳しく解説します。

では、どうぞ!

いかがでしたでしょうか?

あなたのセールスライティングの参考になれば幸いです。

いつも、ありがとうございます。

米野敏博

PS:
JMWAはセールスライター業界の発展のために、
セールスライターの地位向上を目指しています。

メルマガを登録していただけると
他では手に入らない
「売れるキャッチコピーはどっち?」
を無料で入手できます!

メルマガ登録はコチラ