こんな欲求や願望は知っていますか?

こんにちは
マーケティング・ライター
米野です。

先週のメルマガで、アイデアを考えるときに役立つ
「欲求や願望のリスト」をご紹介して、
一つずつの解説を始めました。

25個のリストのうち7個終わったので
今日は、8個目から解説していきますね。

一応、全ての項目を再掲しておきます。

欲求や願望のリスト

1 人生にもっと楽しみを加えること
2 人から批判を受けたり、面子が潰れるのを避けること
3 肉体的苦痛から逃れること
4 よい親になること
5 もっと効率的に物事を進めること
6 もっと健康になること
7 ファッショナブルになること
8 自立すること
9 好奇心を満たすこと
10 もっと人気者になること
11 今持っているものを誇りに思うこと
12 権威として認められること
13 エゴを満たすこと
14 恥ずかしい思いから逃れること
15 パーソナリティやクリエイティビティを表現すること
16 冒険という空想を満たすこと
17 自信をつけること
18 知識を得ること
19 時間、またはお金を節約すること
20 仕事を減らすこと
21 他の人たちより一歩先に出ること
22 障害を克服すること
23 自分と家族を守ること
24 退屈を紛らわすこと
25 活力とエネルギーを取り戻すこと

自立すること

あまり自覚はないかもしれませんが
結構、根本的な欲求ですね。

動物を考えてもらうとわかると思います。

動物の多くは、巣立ちをして、
自分の力だけで生きていきます。

おそらく、親にずっと頼っていたら
親が死んだら自分も死んでしまうので
子孫を残すために親離れをするのではないかと。

男性に強い欲求のように思うかもしれませんが
最近では、女性もそう思う人が増えていますね。

この欲求だけを訴求するのは厳しいかもしれませんが
メインの欲求にプラスすると効果的でしょう。

好奇心を満たすこと

これは、あえてお伝えする必要はないですね。

セールスライティングの基本中の基本です。

もっと人気者になること

これも、誰でも持っている欲求ですね。

人間は社会的動物ですから
集団の中にあって注目されようとします。

レアな商品が欲しいという欲求に訴求する時に
「この商品を持っていると人気者になれる」と
サラッというと、意外と、そういうところで
引っかかる場合もありますね。

今持っているものを誇りに思うこと

これは、必ずしも「モノ」に限ったものではありません。

というか、「モノ」以外の方が強力かもしれません。
例えば、家族(血筋)、土地、地位、グループなどです。

それは、その人(あるいは先祖)が延々と築いてきたものだから
それが誇りに思えないということは
自分に誇りが持てない、ということになりからです。

セールスレターでなくても
社長さんとの会話などでも効力を発揮しますね。

自分が築き上げた会社は誇りに思いたがるものです。
そこをくすぐると、制約取れたりします。

ただ、お世辞は禁物ですよ。
そんな上っ面の言葉はすぐに見抜かれますからね。

権威として認められること

これも細かい説明は不要でしょう。

ある意味、誰でも持っている欲求です。
政治家先生、官僚、医者、弁護士、会社の出世も同じです。

ただ、これを前面に出しているかいないかの違いです。

意外と、「権威なんてくだらない、クソの役にも立たない」
なんて言っている人の方が、権威欲が強い場合がありますね。

エゴを満たすこと

「エゴ」は英語の「ego」のことで、
「自尊心」「自負心」「うぬぼれ」などの意味があるカタカナ語です。

人はエゴの塊です。
エゴを満たす欲求がないのは、神様、仏様クラスですね。
エゴが強過ぎるのは問題ですが。

「この超高級車こそ、あなたにふさわしい車です」
なんて言うのも、相手の「自尊心」を満たす言葉ですね。

恥ずかしい思いから逃れること

これは結構、強力です。

人は恥をかくことを恐れます。
恥をかくくらいなら、お金を払います。

「武士は食わねど高楊枝」というのも
食べるものにも困っていると思われるのが怖いので
見栄を張っているわけですね。

医薬品とかサプリとか化粧品なんかのCMも
この欲求を上手に使っていますね。

汚い、臭い、見栄えが悪いなどなど
色々な商品やサービスに活用できる欲求です。

パーソナリティやクリエイティビティを表現すること

ちょっと難解ですね。

パーソナリティ(個性)はなんとなくわかると思います。

人は不思議なもので、集団から外されないように
集団と同じような行動や格好、思考を望みますが
一方で、他者とは別物でありたいという欲求も持っています。

同じグループの括りなんだけど
それぞれはちょっとずつ違う、って感じですね。

動物の本能的に、他と区別されなくなってしまうと
子孫を残せないので、そうなっているのかもしれません。

一方、クリエイティビティは
「創造的でありたい」という欲求だと思います。
人間ならではの欲求でしょうね。

他の欲求とも絡んでいるのかもしれませんが
「創造的な人」に憧れを感じることもあるので
そういう欲求もあるのでしょうね。

今回は、ここまでにします。

いかがですか?

リストを見て考えるだけで、実に様々なアイデアが浮かびませんか?

そのようなアイデアをたくさん出して、そこからいくつかに絞り込んで、
洗練させて行くと、驚くほどパワフルなコンセプトが作れる、かも。

では、次回をお楽しみに!

米野敏博

PS:
JMWAはセールスライター業界の発展のために、
セールスライターの地位向上を目指しています。

お知り合いのセールスライターに
JMWAのメルマガをご紹介頂けると嬉しいです。
https://jmwa.org/