選挙演説に学ぶ、熱狂させるコピーの共通点

From:昌子 幹

参院選が終わりましたね。

演説とかスピーチというのは
コピーの勉強にもなるので、今回も
YouTubeで時々動画を見てました。

「どうせまたつまんない演説ばっかりだろうな」
と思いつつ見てたのですが、とんでもない!

特に興味を惹かれたのが
「れいわ新選組」の山本太郎氏と
「NHKから国民を守る党」。

実際、興味を持った人は多いらしく、

他の党の動画再生回数が
せいぜい数百回とか数千回だったのに対して
この2つの党は数十万回とか数百万回。

圧倒的な差ですね。

しかも、ほとんどの選挙演説の
「悪いね評価」は「いいね評価」と同数か
それを上回るくらいなのに、

この2つの党の「いいね評価」は
「悪いね評価」を圧倒していました。

選挙演説ではあり得ないことですよね?

なぜ、彼らの演説は
多くの人を惹きつけるのか?

もちろん、いろいろ理由は
あると思うのですが、

そのひとつに公約が
シンプルかつ超具体的なことが
あるんじゃないかと思います。

コピーで言うところの
ビッグ・プロミスですね。

N国のビッグ・プロミスは
もちろんNHK受信料の実質無料化。
党名にしてるくらいですからね…

れいわ新選組のビッグ・プロミスは
奨学金チャラとか最低賃金1500円とか
実は色々あるのですが、

演説の中では基本的には
「消費税ゼロ」に絞り込んでいました。

で、それを中心に、

なぜ、それが必要なのか?
それを実現するために何をするのか?
それが実現したらどうなるのか?

を聴衆の立場に立って
具体的に訴えてたんですね。

ひじょーにわかりやすい。

しかも、その実現を邪魔する悪役として
NHKあるいは与党と野党を登場させて
徹底的に叩く。

N国は「NHKをぶっ壊す」
れいわは「自民党、覚悟しとけ!」
といった具合で、

巨大な敵に立ち向かう姿が
とてもエモーショナルで、
聴衆が一気にヒートアップするのが
わかりました。

ただし、こういった「共通の敵」が
効果を発揮するのはあくまで
ビッグ・プロミスが聴衆の望むものであり、
しかもシンプルかつ具体的で
なければ意味がありません。

他の党にももちろん公約はあるんですが
演説にあれやこれや盛り込んで
結局、何が言いたいのか
何がしたいのかよくわからない。

そんな状態で、他党の批判をするもんだから
「ただの悪口」にしか聞こえないし
説得力もないんですよね。

つまり、それは話し手にとってだけの敵であって、
聴衆との共通の敵ではないわけです。

もちろん、コピーでも同じことが言えます。

ビッグ・プロミスが絞りきれていなかったり、
コピーの基本が抑えられていないのに
やたらテクニックを使おうとすると撃沈します。

基本という意味で言うと、
山本太郎さんの演説は
CTAまで超具体的にやってて
思わず感心してしまいました。

彼らのビッグ・プロミスに
共感するかどうかはともかく

今回のれいわ新選組やN国の演説は
一見に値すると思うので、
まだ見てないなら
一度見てみるといいと思いますよ。

それでは、また。

昌子 幹