WEBライターが教える!オススメの仕事場4選

From 古瀬 純功

 

こんにちは!古瀬です。
WEBライターってどこでも仕事ができるのが
いいところですよね。

僕もサーフィンやスノーボードで外に出ることが多く、
色々な所で作業しています。

今日は、そんな僕がオススメする
仕事場を紹介していきます♪

 

1.自宅

どこでも出来ると言っても
やはり自宅でやることも・・・。

特に僕は副業でやっているので、
仕事終わりに作業しようとしたら
やはり、自宅になってしまいますね。

しかし、自宅は自宅でいいことが!

それは、家事を並行して行うことができます♪
洗濯機を回している間や
家事の隙間時間を活用したりと、
うまく使えば効率的に作業することができますね。

ただし、自宅だと誘惑が多いのも事実です。
TVやスマホ、他にも多くの誘惑が・・・。

 

何か誘惑に打ち勝つための対策が必要ですね。
ちなみに僕は、スマホの電源を
切って作業していますよ!

 

2.カフェ

特に僕はサーフィンの後にカフェで
作業することが多いですね。

今はWi-Fiがあるカフェも多く、
電源もあり仕事場には最適!
いつもと違う環境で集中力もアップしますね。

しかも、俗に言う『スイーツ男子』の僕には、
休憩時間にデザートを食べれるというメリットが♪

むしろ、最近はそっちが本当の目的に
なっているときもありますが(笑)

最近体重が気になってきたので、
せめて記事が完成した時に
自分へのご褒美として食べるようにします。

 

3.コワーキングスペース

まずコワーキングスペースとはこのようなものです。

コワーキングが行われる環境(「コワーキングスペース」と呼ばれることもある)はシェアオフィスやレンタルオフィスとは異なり、実務を行う場所が個室ではなく図書館のようなオープンスペースとなっている。また、すべてのスペースを共有したり、イベントを行ったりといった試みを通して参加者同士のコミュニティ育成を重要視する傾向が強いことも大きな違いのひとつである。

(wikipedia引用https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0)

WEBライターって1人で作業することが多くて、
なかなか寂しいです。

そこでコワーキングスペースを使用すると、
WEBライターやデザイナー、プログラマーなどの
人達と交流することができます。

人と人とのつながりって大事ですよね!

たまにでもいいので、
人とつながるきっかけを提供してくれる、
コワーキングスペースを利用してみてください。

いい出会いがあるかもしれません。

 

4.Bar

「Barで作業って!」って思われる人も
多いと思いますが、なかなかオススメなんですよ。

まず、話し相手がいることですね。

さっきも言ったように1人で
作業をするのって寂しいんですよ。

でもBarならバーテンダーさんが
話し相手になってくれるので、
そんな気持ちになることもありません。

そして、一仕事終えたらそのまま、

『お疲れさま』

と打ち上げをすることが出来ることですね!

 

わざわざ店探して、予約して、
なんて手間もいりません!
仕事してそのまま打ち上げって
最高だと思いませんか?

 

まとめ

ぼくのオススメする仕事場
いかがだったでしょうか?

ライフスタイルによって、
それぞれ自分に合った仕事場があると思います。

是非、紹介した例を参考に
自分にあった仕事場を探してみてくださいね♪