ライティングスピードを10倍にした方法

From 成澤将士
茅場町のオフィスより

僕はもともとライティングスピードが早い方ではない。

そもそも飲食店で働いていたので、
パソコンは売り上げ入力と
発注でしか触ったことがなかった。

なのでこの仕事を始めた頃は、
右手の人差し指で
必死に文字を探しながら打っていた。

何とかしようと
タイピングソフトで練習したけど、

最初の頃は1分間で
たった23文字しか打てなかった。

今思い返すと
よくこの状態で独立をしたと、
冷や汗が出てくる。

今はその頃よりは
ずっと早くはなったけど、

まだブラインドタッチもできないし、
きっとあなたよりも
ライティングが遅いと思う。

僕は、この問題が悩みの種だった。

ライティングに時間がかかるということは、
それだけこなせる仕事の数が減るということ。

つまり、収入に直結する問題だからだ。

なので僕は独立した頃からずっと、
音声入力とか何かいい方法がないかと、
ずっと探していた。

でも残念ながら、
高いお金を払っても使えるレベルじゃなかった。

しかし最近、
ついに時代が僕の要望に
追いついてくれた。

僕のライティングスピードを10倍にしてくれた魔法のツール。

それは、、、
Googleドキュメントの音声入力だ。

使い方はちょっと調べれば
たくさん出てくるので調べてみて欲しい。

Googleドキュメントの
音声入力の良いところは、
その変換の精度の高さだと思う。

実はこのメルマガも
音声入力で書いているけれど、
誤変換はほとんどない。

個人的には
iOSの音声変換の精度よりも
Googleドキュメントの方が
ずっと高いように感じる。

ただGoogleドキュメントにも欠点が…

ただGoogleドキュメントにも欠点があり、
iOS のように句読点や改行を
音声で入力することができない。

ただこの部分は使いようで、
パソコンのキーボードで
句読点や改行を手動で入れていくことで、
iOSよりずっと後で使いやすい状態に仕上がる。

ちなみにこのメルマガも
音声入力を使って書いてるけど、
編集も入れてたったの15分。

まさに驚きのスピード。

初めてこれを体感した時は、
興奮してそのまま飲みに行ったほど(笑)

そして音声入力のいいところは、速さだけではない。

セールスレターはよく
「話し言葉で書くように」と言うけれど、

どうしてもその人の癖で
ライティングだと固い日本語に
なってしまう場合がある。

でも音声入力であれば
そもそも話している言葉が
文字に変換されるので、

とても読みやすい文章に
仕上がっていることが多い。

最近はリサーチが終わり
スワイプファイルを決めたら、

スワイプファイルを見ながら
アドリブで音声入力をしていくだけで
セールスレターの骨子が
ほとんど出来上がっちゃう。

ということで、
僕は音声入力を使わないと
やっていけないレベルで重宝しています。

セールスライターにとって重要なライティングスピード。

地道なトレーニングで
スピードアップするのもいいけれど、
文明の力を使うのも一つの手。

まだ使ったことがないなら、
騙されたと思って一度使ってみたら?

そして興奮したら、僕と飲みにいこう(笑)

PS:
あなたも質問や疑問があれば何でも聞いてください!
どんな質問でも大歓迎です^^

↓↓ 質問はこちらから ↓↓
info@jmwa.org