エクセルで文字数をカウントしたい時の対処法2

さて、今日は前回の続き
(※前回の記事をまだお読みでない方はこちら↓)
https://jmwa.org/contents/tool/how-to-count-characters-by-excel_1/

エクセルで文字をカウントする方法の
2つ目をお話ししたいと思います。

前回のおさらい

前回お話しした方法は、
「ワードにコピペする」という
無難で簡単な方法でした。

これなら行ごとに書かれた文章も、
テキストボックスに書かれた文章も、
どちらもカウントできるからです。

 

今回の方法は「テキストマイニング」を使う方法


今回お話しする方法は、
テキストマイニングを使った
カウント方法をお話ししたいと思います。

使用するテキストマイニングのサイトは
以前の記事でも紹介した
ユーザーローカル社さんの
AIテキストマイニングです。
https://textmining.userlocal.jp/

(※以前のテキストマイニングの記事はこちら↓)
https://jmwa.org/contents/saleswriting/text-mining01/

ワードを使った方法も
コピペするだけなので
かなり簡単でしたが、

テキストマイニングでも
同じくらい簡単にできるんですよ^^

単語の出現頻度なども
同時に分かるので、
文章の構成や内容のチェックなどにも
もってこいですね^^

 

実際の文字のカウント方法

テキストマイニングを使った
文字のカウント方法ですが、
ワードでカウントした時と一緒です。

エクセルの文章をコピペして
(「Ctrl+A」→「Ctrl+C」で全選択→コピーでもOK)
エクセルの文章をコピペして(「Ctrl+A」→「Ctrl+C」で全選択→コピーでもOK)

 

テキストマイニングの
入力画面に貼り付ける。
テキストマイニングの入力画面に貼り付ける。

 

たったこれだけで、
文字数が出てきます^^
入力フォームの右下に文字数がカウントされています。

 

このまま解析すれば、
構成や内容のチェックも
できちゃいます。

なんて有能なんでしょう!
テキストマイニングだーい好き!!\(^o^)/

 

最後に

今回テキストマイニングを
思いついたのは、

「テキストマイニングに、
エクセルのコピペって出来るのかな?」
という、

ほんとうに何となくの思い付きでした。
まさかできるとは…
恐るべしテキストマイニング!

(というか、
   ユーザーローカル社さんの
 技術力が素晴らしいですね(笑))

あなたも
「こういう風なことやってみたらどうなるのかな?」とか、

「こんなことやるにはどうしたらいいのかな?」とか、
ぜひチャレンジしたり、調べてみたりしてください。
(もちろん、無理のない範囲でですよ^^;)

きっと、
自分のスキルアップや
知識の蓄積として
自分の力になっていくはずです^^

今日の方法が
あなたの助けになれば幸いです^^

本日もお読みいただき、
本当にありがとうございました!

PS.
JMWAでは今後も楽しい、
そして役に立つメルマガを
配信していきます。

まだ登録がお済でない方は
協会HPのバナーより
ぜひ登録をお願いします。

無料レポートの方からだと、
お得に登録ができますよ^^