長文要約AI「ELYZA DIGEST(イライザダイジェスト)」を使ってみた

 

From長田 真毅

今回は長文を要約してくれるAI「ELYZA DIGEST(イライザダイジェスト)」を使って、文章を要約してみました。

このAIはどんな文章も3行に要約してくれるとか。

果たして、どのような結果になるのでしょうか?

 

「ELYZA DIGEST(イライザダイジェスト)」とは

「ELYZA DIGEST(イライザダイジェスト)」(https://www.digest.elyza.ai/)とは、株式会社ELYZA (イライザ)が開発した長文要約AIです。株式会社ELYZAは、AI領域に強みを持つ東京大学・松尾研究室 出身のメンバーで創立された会社とのこと。すごいですね、最先端の塊みたいな感じです。(小並感)

実際に、どんな感じで要約してくれるのかは、「メール」「対話テキスト」「小説」「ニュース」「議事録」の文章例があるので、「要約する▶」ボタンを押すと、原文と要約例が下に表示されます。

「要約する▶」を選ぶと、

 

下に文章と要約文が表示されます。

 

さっそく試してみる

では、実際にどんな結果になるのか、試してみましょう。

今回使用した文章は、昔話の「おおきなかぶ」です。
参考サイト:http://hukumusume.com/douwa/koe/w/06/19.htm

この前、甥っ子が国語の宿題で読んでいて、長さもちょうど良い感じなので使ってみました。懐かしいですね。

1行で要約すると、大きなカブが抜けなくて、抜けるまでみんなで頑張る話です。

原文はこんな感じ。

おおきなかぶ

畑に、カブが出来ました。
今まで見たこともないような、とっても大きな大きなカブです。
「おお、これはすごい。さっそくぬいてみようか」
おじいさんはカブを引っぱりましたが、カブはぬけません。
おばあさんが、やってきました。

「あら、大きなカブですね。どれ、わたしも手伝いますよ」
おばあさんはおじいさんの腰に手をかけると、おじいさんと力を合わせてカブをぬこうとしましたが、やっぱりカブはぬけません。
次に、まごがやってきました。

「おじいさん。ぼくも手伝うよ」
おじいさんとおばあさんとまごは、力を合わせてカブをぬこうとしましたが、やっぱりカブはぬけません。
次に、イヌがやってきました。

「おじいさん。わたしも手伝います。ワン」
おじいさんとおばあさんとまごとイヌは、力を合わせてカブをぬこうとしましたが、やっぱりカブはぬけません。
次に、ネコがやってきました。

「おじいさん。あたしも手伝います。ニャー」
おじいさんとおばあさんとまごとイヌとネコは、力を合わせてカブをぬこうとしましたが、やっぱりカブはぬけません。
次に、ネズミがやってきました。

「おじいさん。おいらも手伝います。チュー」
おじいさんとおばあさんとまごとイヌとネコとネズミは、力を合わせてカブをぬこうとしました。
「うーん よいしょ」
「うーん よいしょ」
「うーん よいしょ」
「うーん ワン」
「うーん ニャー」
「うーん チュー」

みんなで、力いっぱい引っぱりました。
すると、
「スッポーーーン!!」

とうとうカブは、ぬけました。
それは、とってもとっても大きなカブでした。

おしまい

これをフォームの中に入力します。

フォームに文章を入力して、、、

 

あとは、利用規約に同意して、「要約スタート」ボタンを押すだけです!

果たして、どんなまとめになるのでしょうか?

 

まとめてみた結果

AIが要約した結果、おおきなかぶの話はまとめるとこの様になりました。

【要約結果】
畑にできた大きなカブを、みんなで力を合わせてぬく方法を紹介している。イヌとネコとネズミは、力を合わせてカブをぬこうとしたが、やっぱりカブはぬけなかった。ネズミは力を合わせて、力を合わせてカブをぬこうとしたが、カブはぬけなかった。

うーん、、、
これはまだまだ発展途中と言ったところでしょうか。例文だと上手くいくので、どんどん結果を蓄積していけば、精度は上がるかもしれないですね。

もしかして、題名の「おおきなかぶ」と最後の「おしまい」が邪魔しているかもと思い、それを削除した結果が、こちら

【要約結果】
畑にできた大きなカブを、みんなで力を合わせてぬく方法を紹介している。イヌとネコとネズミは、力を合わせてカブをぬこうとしたが、やっぱりカブはぬけなかった。ネズミは力を合わせて、力を合わせてカブをぬこうとしたが、カブはぬけなかった。

なんか、あまり変わりませんでした。おじいさんとか、おばあさんとか、人類はどこへ行ってしまったんだ!!そして、最後にカブは抜けてるじゃないか!!どうして、、、

AIを悪く言いたい訳ではなくて、今回はたまたま上手くいかなかったんだと思います。

ちなみに、僕がまとめるならこんな感じです。

「大きなカブができたので、おじいさんは抜こうとしましたが抜けませんでした。どんどん手伝う人が増えていきました。おじいさん、おばあさん、まご、イヌ、ネコ、ネズミが頑張ってようやく大きなカブを抜くことができました。」(読みやすいように漢字を使っています)

 

注意点

このAIサービスを使うにあたって気をつけるところは、
・デモサイトなので精度面で不十分な場合がある
・自分でも原文を読んで、要約が妥当か判断する

といったところでしょうか。
精度が不十分であるというのはサイトでも告知されていますし、まあ、過信し過ぎないということですね。

あと、要約が成功したか、ちゃんとフィードバックを送ってあげてください。無料で提供してもらっているのですから、それくらいの協力はしてあげましょう。

フィードバックは大事。

 

最後に

こういった便利なサービスは今後どんどん増えていくと思いますが、率直に感じたのは、まだまだ人間は負けてないなと思いました。

ただ、機械は物凄いスピードで学習していくので、こちらもアップデートをして己の刃を研ぐことを怠ってはいけないと思います。

あとは、何でもかんでも3行にまとめてしまっていいのか?という疑問は、個人的に感じました。文章によっては、どうしても3行以上になってしまうことってありますよね。「。」で区切るのを3行としたらどうにかできるかもしれませんが。

でも、こういった取り組みは素晴らしいと思いますし、今後の発展を期待しています。

また、今回の要約は、セールスライターにとっても凄くいい練習になると思うんですよね。文字は少ないに限ります(もちろん、きちんと過不足なくという意味です)。高3で死ぬほどやらされた小論文の宿題を思い出しました。(;´д`)

あなたなら、あの大きなカブの話をどのように要約しますか?

 

本日も最後までお読みいただき
本当にありがとうございました!

 

仕事を依頼されるライターになりたい人へ
「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール