fbpx

稼げるセールスライターを目指すあなたへ

どっち?

プロのセールスライターだけが知っている
「キャッチコピーの賢い使い方」秘密
知りたい人は他にいませんか?

ボタンを押すとダウンロードリンクを記載した
メールをお送り致します。

また、後日JMWA理事による読んで楽しい、
ためになるメルマガをお届け致します。
(購読解除は簡単にできます)

あなたは、オンライン広告を見ている読み手の注意を一瞬で引くためには、「キャッチコピーが大事だ」と思っていますよね。そして、これまで様々な本や教材でキャッチコピーの勉強をしてきて、それなりにキャッチコピーを作れるようになっているでしょう。

でも、キャッチコピーは作れるようにはなったけれども、「どうもしっくりこない」「このキャッチコピーでいいのだろうか?」とか、あるいは「全く反応が取れない」と悩んでいませんか?

でもそれは、あなたの「キャッチコピーの作り方」に問題があるのではありません。問題は別のところにあるのです。そして残念ながら、誰もそれをあなたに教えてくれていないのです。

その話をする前に、あなたに質問があります。

あなたは、次の2つのうち
どちらが売れるキャッチコピーか
わかりますか?

A

新発売!歯周病専門医が開発した
驚異の治癒率96.7%歯磨き粉

B

生活習慣病には”黒幕”がいた!
日本人の8割がかかっている
恐るべき病気とは?

Aの方が高い反応率だと考えたあなた。その理由はなんですか?具体的な数値が書いてあるからですか?それとも「新発売!」「驚異の」という言葉を使っているからでしょうか?

Bの方が高い反応率だと考えたあなた。「黒幕」という興味をひく言葉があるからですか?「恐るべき病気」が気になるからですか?あるいは、「日本人の8割」ということで読み手が自分の問題のように感じるからでしょうか?

このどちらも、あなたがこれまで勉強してきた「売れるキャッチコピーの型」として有名な「新発売!」や「〇〇とは?」といったキャッチコピーの例です。

そして、実は、この問題に正解はありません!ある状況ではAのキャッチコピー方が売れるし、別の状況ではBのキャッチコピーの方が売れるのです。それはどうしてでしょうか?

そこには”ある秘密”があります。これからその秘密をお話しますので、このまま注意して読み進めてください。

キャッチコピーの型は知っているけど、、、

あなたの周りには「キャッチコピーの書き方・作り方」の本や教材が溢れています。そして、それらの多くは「売れるキャッチコピーの型」を教えているので、誰にでも簡単に、あっという間にキャッチコピーが作れてしまいます。

それなのに、誰もが「売れるキャッチコピー」を作ってオンラインで商品を売りまくり、クライアントから感謝されて、高収入を得ているかというと、残念ながらそうではありません。多くのセールスライターがせっかく「キャッチコピーの型」を真似て作ったのに、、、

✔まったく反応がない
✔広告を読んでもらえない
✔売上が上がらない

と悩んでいます。そして、売れるキャッチコピーが書けないために、クライアントから信頼されず、継続して仕事をもらえず、いつまでたっても収入が上がらないといった状況になっています。

ですがそれは、キャッチコピーの”作り方”がマズイのではありません。
そのキャッチコピーの”使い方”を知らないだけなのです。

キャッチコピーの"使い方"とは?

冒頭のキャッチコピーの例で説明しましょう。

A

新発売!歯周病専門医が開発した
驚異の治癒率96.7%歯磨き粉

B

生活習慣病には”黒幕”がいた!
日本人の8割がかかっている
恐るべき病気とは?

このキャッチコピーで売ろうとしている商品は、どちらも同じ「歯磨き粉」です。Aのキャッチコピーは明らかに歯周病を治す歯磨き粉だというのがわかります。

ですから、これに反応する人は、「歯周病を確実に治したい」と思っている人です。歯周病が心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の原因になっていることを知っている人です。

つまり、自分の問題(歯周病)もその解決法(歯周病専用歯磨き)も知っている人です。そんな人が「96.7%の確率で歯周病が治る」と言われたら気になりますよね。そういう人なら、このAのキャッチコピーは刺さると思いませんか?

ですが、歯周病が生活習慣病の原因だとか、自分も含めた日本人の8割が歯周病にかかっているといった事実を知らない人は、「歯周病治癒率96.7%」とか言われてもピンときません。
そんな人にはAのキャッチコピーでは売れないということです。

deep-thought-1296377_1280

「キャッチコピーの使い方とは?」

そこで、そんな人向けに「歯磨き粉」を売るためには、Bのキャッチコピーを使います。ここでは「あなたは恐ろしい病気にかかっているかもしれない」ということを暗に伝えています。

歯周病は気にしていない人でも生活習慣病と言われると気になりますから、キャッチコピーでは「生活習慣病」が使われています。

自分の問題(歯周病かも?)も知らない人には、身近な危険や恐怖、メリットを伝えるキャッチコピーの方が刺さるのです。

人は「自分事」にしか興味がありません。つまり、同じキャッチコピーでも、それが「自分事」と思える人には刺さりますし、「他人事」と思っている人には刺さらないということです。

売れるキャッチコピーの秘密

このように、ターゲットとするお客様の状況によって最適なキャッチコピーの型が変わってきます。ですから、リサーチでお客様の「自分事」がわかれば、そのお客様に最適な”売れるキャッチコピー”を作れるようになります。

では、お客様の「自分事」がわかったとして、どんなキャッチコピーの型が良いのでしょうか?そこに規則性はあるのでしょうか?誰にでも使える方法なのでしょうか?

電球

「売れるキャッチコピーの秘密とは?」

その関係を解き明かした人物がいます。その人物とは、アメリカの超一流コピーライターで億万長者のマイケル・マスターソンという人物です。

彼は、膨大な数の大ヒットした広告を分析して「なぜ、ヒットしたのか?」を探りました。その結果、お客様の状況に応じて刺さるキャッチコピーやオープニングのパターンがあることを発見したのです。

そして、そのパターンを使ってコピーを書いたところ、それが大ヒットしました。そればかりか、アメリカの多くのコピーライターが彼の発見した方法を使って大成功しています。

もちろん、日本のトップセールスライターも密かに、この方法を使ってキャッチコピーを作り成功しています

なぜ、誰もあなたに
その方法を教えないのか?

そんなに凄い方法なら、あなたの目に止まっていてもおかしくはないですよね?マイケル・マスターソンが発見した方法は「AmericanWriters&ArtistsInc」から書籍として出版されていますので、誰でも読むことができます。あなたもAmazonで手に入れることができます。

ですが、当然、それは英語で書かれていますし、正直、アメリカの第一線で活躍しているコピーライター向けに書かれたものなので、多少、難解な部分があります。

また、アメリカの広告状況を把握していないと理解できない部分もあります。

ですから日本では、プロのセールスライターの仲間内だけが口コミで知っているだけです。

business-meeting-1238188_640

一部のプロのセールスライターたちだけがその秘密を知っています

もちろん、著作権の問題もありますので、そのまま和訳して販売することもできません。

それだけでなく、「キャッチコピーの作り方」に関する本や教材を販売している人の多くは、たとえその方法を知っていても、あなたに教えたくないのです。

なぜなら、彼らは「キャッチコピーの作り方」を売る方が簡単で儲かるからです。

マーケティングやセールスライティングを学んでいるあなたなら、「人は簡単、便利で即効性のあるものを好む」ということをご存知でしょう。

すぐに、簡単に、それらしいキャッチコピーを作る方法だけで売れてしまうのですから、わざわざ、その”使い方”まで教えないのです。

それも今日で終わりです
私たちがその秘密を暴露します

このような状態を放っておくのは良くありません。それではいつまでたっても、ほとんどのセールスライターが一か八かでキャッチコピーを作って失敗する状況に変わりません。

クライアントから信頼されずに収入も上がらず、セールスライターの地位は低いままです。

これは、私たち「日本マーケティングライター協会」のミッションに反することになってしまいます。

日本マーケティングライター協会のミッション~ライターという職業を子どもがなりたい職業TOP10に入るくらいにメジャーな職業にする~

そこで、私たちはプロのセールスライターの間でしか知られていない「キャッチコピーの使い方の秘密」を無料で公開することにしました。それが、この「キャッチコピーの賢い使い方」レポートです。

キャッチコピーの賢い使い方

これは、日本マーケティングライター協会代表理事の成澤将士が、開催している講座で大好評だった「キャッチコピーの型の使い方」を一冊の本にまとめたものです。

ターゲットとするお客様の状況を5つに分類して、その状況に最適な6つのキャッチコピーの基本的な型を紹介しています。

つまり、お客様が5つの分類のどの状況なのかがわかれば、自動的に最適な キャッチコピーの型がわかるようになっています。もちろん、具体的なキャッチコピーの例も掲載しています。

協会の講座では、この方法を知った駆け出しのセールスライターが、キャッチコピーを変更しただけで、広告の反応を2倍、3倍にもできるようになりました。

ですから、あなたがこのレポートを読めば、、、

⭕マイケル・マスターソンが発見した秘密が一瞬でわかります。あなたは英語の本を買って、長い時間をかけて解読する必要はありません

⭕キャッチコピーの例を用いて、お客様毎に最適なキャッチコピーの使い方が具体的に説明されているので、これを読んだ瞬間から、お客様に刺さるキャッチコピーを書けるようになります

⭕あなたの広告の反応率が2倍、3倍にもなり、クライアントに喜ばれ、継続して仕事を取れるようになります。更には、反応の取れる広告を書けるようになれば、収入もアップします

でも、手に入れられないかもしれません

この「キャッチコピーの賢い使い方」レポートは、日本に正しい知識とマインドを持った稼げるセールスライターを増やすために、今回、特別に無料で提供するものです。

ですが、この方法は誰にでも簡単に、劇的に広告の反応を改善できるので、自分だけが儲かれば良いとか、詐欺のような商品を平気で売るような人に渡したくはありません。

「日本マーケティングライター協会」のミッションに賛同して、メールアドレスを登録頂いたセールスライターにのみ無料で配布させていただきます。

もちろん、あなたが、まだセールスライティングの勉強を始めたばかりだとしても問題ありません。「日本マーケティングライター協会」のミッションに賛同していただければ結構です。

ですが、あなたが協会のミッションに賛同できないということであれば、このキャッチコピーの”使い方”の秘密をお渡しすることはできません。

仮に、この秘密を知ったとしても、一時期は稼げるかもしれませんが、そのようなマインドでは、いつか必ず破滅するでしょう。

まだ、諦めないでください

もしあなたが、これまで一生懸命に勉強してきて、キャッチコピーは作れるようになったけど”なぜか成果が上がらない”と悩んでいたら…

キャッチコピーは作ってみたものの、”どれを使ったらいいかわからない”と悩んでいたら…

あるいは、セールスライティングの勉強を始めたばかりなので”プロのライターがどのようにしてキャッチコピーを作っているのか知りたい”と思っているのなら、、、

ここに答えがあります

今すぐに、無料レポート「キャッチコピーの賢い使い方」を手に入れて、あなたのキャッチコピーの反応を劇的に向上させてください。あなたはきっと、その効果に驚くでしょう。

ボタンを押すとダウンロードリンクを記載した
メールをお送り致します。

また、後日JMWA理事による読んで楽しい、
ためになるメルマガをお届け致します。
(購読解除は簡単にできます)

P.S
この無料レポートは、いつまで公開しているかわかりません。
万一、悪用されている恐れがあったら、即座に配布停止します。ですから、気になったら、今すぐに手に入れてください。

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

一般社団法人 日本マーケティングライター協会(以下「当協会」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報とは

当協会が定める個人情報とは、各種サービスのお申込み時にお客様から収集させていただくお名前・ご住所・電話番号・メールアドレスなどを示します。

個人情報の利用目的

当協会がお客様から収集した個人情報は、以下の目的のために利用させていただきます。

 ・各種サービスのお申し込みに対するご返答
 ・お申込み確定後、お客様にサービスをご提供する際に必要なご連絡
 ・アフターサービスのご提供や当協会からのご案内

また、ご提供いただいた個人情報は上記目的以外には一切使用しないことをお約束いたします。

個人情報の第三者への開示

当協会がお客様から収集させていただいた個人情報は、お客様の同意なく開示いたしません。

ただし以下に該当する場合はその限りではありません。

 ・法令に基づき開示することが必要である場合
 ・人命救助や財産保護の為に必要性があり、なおかつお客様の同意を得ることが困難な場合
 ・ご本人を特定できない状態で開示する場合

プライバシーポリシーに関するお問い合わせ

当協会の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

一般社団法人 日本マーケティングライター協会  代表理事 成澤 将士
〒103‐0016
東京都中央区日本橋小網町11-5 リードシー日本橋小網町9F-15

E-mail : info■■jmwa.org
※■■を@に変更してメールしてください。

6月13日 16:53