未知の分野のライティング

From:昌子 幹

独立してから、それまでと
大きく変わったことのひとつに

まったく知らない分野の
セールスレターを書く機会が増えた

ということがあります。

それまでは会社に属していたので
クライアントとか商品の分野って
ある程度絞られていました。

なので、長年やっていると
結構リサーチとかでも
被る部分が結構あったんですが、

独立するにあたって
「とりあえずいろんな分野の
仕事をやってみよう」
と思ったこともあり、

まったく一からリサーチ
することが増えました。

しかも、ライターをやってなかったら
おそらく一生関わることがなかったであろう
業界の仕事も少なくありません。

例えばバレエ教室の生徒募集
なんてのもそのひとつです。

習い事といえばそろばん、
部活といえば柔道という
純日本人としての道を歩んできた僕に

バレエに関する知識など
あろうはずがありません。

大外刈りや燕返しは知っていても、
アラベスクやアンディオールなぞ
知る由もないのです。

なので、結局、一からリサーチ
することになるのですが、

バレエに限らず、そんな時に大いに
役立ったのがKindle Unlimitedです。

Kindle Unlimitedといえば
今から3年前にくらいに
アマゾンが開始した
電子書籍の読み放題サービスですが、

独立するまでは、
会員にはなっていたものの
ほとんど使っていませんでした。

というのも、読みたい本に限って
ほとんどなかったからです。

「使えねーな」というのが
正直なところでした。

ところが、こと未知の分野の
リサーチにおいては
それがかえってよかったのです。

なにしろ、個人的に
興味がない分野の知識でも
お金をかけずに大量に
仕入れることができるからです。

リサーチのためとはいえ、
バレエに関する本が僕の部屋に
どんどん積み上がっていくのは
さすがに抵抗があります。

もちろん、ネットで
情報収拾することも可能ですが、

情報にまとまりがなかったり、
表面的な情報しか載っていなかったり、
情報の信ぴょう性に問題が
あったりする場合が少なくありません。

その点、書籍であれば、
目的に沿って情報が詳しく
体系的にまとめられていますし、

引用元や参考文献など
情報に裏が取れている
場合が多いのです。

しかも、iPad内にすべて保管できるので
場所もとりませんし、
外で仕事をするときや出張のときなど
いちいち重い本を持ち歩く必要もありません。

なにより嬉しいのは、
バレエの本を買う時に
「娘に頼まれたんだよねオーラ」を
出す必要がないことでしょうか。

いずれにしても、
Kindle Unlimitedのおかげで
バレエに限らず歯医者や外国人労働者問題、
仏教、占い、介護、ロリータなどなど、、、
この1年で様々な分野の知識が
蓄積されていきました。

もちろん、長い目で見れば
ある程度分野は絞っていった方が
いいかもしれませんが、

最初の頃は「来た仕事はなんでもやる」
というステージも必要かなと思いました。

その方が、自分に向いている分野が
何かわかりやすいでしょうし、

まったく違う分野で学んだことが
ビッグアイデアとして
活かされることが少なくないからです。

いずれにしても、もしあなたが
いろんな分野の仕事を受けている、
あるいは受けようと思っているなら、
Kindle Unlimitedは超オススメです。

では、また。

昌子 幹