セールスライターが絶対に持っておきたい3つの小道具

 

From長田 真毅

今回は、セールスライターが
絶対に持っておきたい小道具について
お話ししたいと思います。

最近、我が事務所でも
色々と道具をリニューアルしたり
買いそろえているところです。

自分の腕を磨くのも大切ですが、
どんな時でも対処できる環境作りも
大切ですよ^^

 

セールスライターが絶対に持っておきたい3つの小道具

それでは早速、セールスライターが絶対に持っておきたい小道具をいくつか紹介したいと思います。

 

(1)USBハブ+SDカードリーダー

画像のアイテムはこちら→https://amzn.to/2IZsyK6

画像は7in1で「USBハブ」「HDMIポート」「MicroSD&SDカードリーダー」「USB-C」「USB-A×2」「LANポート」が1つにまとまったガジェットです。

これさえあれば鬼に金棒。自分の画面をTVなどに表示もできるし、SDカードやUSBメモリスティックなどでデータのやり取りもできちゃいます。

しかも、出張などでホテルに泊まるときにLANケーブルも刺せるようになる優れものです。

よく打合せとかで自分のパソコンを相手に見せたりするときがあるんですが、ディスプレイがある場所なら大きく画面を見せることができるので、話(プレゼン)もしやすいです。

さらに、このガジェットについている「USB-C」は繋いだデバイスに給電することができるタイプです。スマホの電池が無くなりそうでも、PCから分けてもらうことができるので、最後の砦として安心できますね^^

 

(2)MicroSDカード

画像のアイテムはこちら→https://amzn.to/35yXB7k

 

外で仕事をする時があるなら、絶対に1枚は持っておきたいツールです。

オンラインのデータのやり取りは確かにスマートではあるんですが、電波状況によってはかなり時間がかかり、15時~夕方くらいになると周りの電波利用状況も混雑してくるので、重いデータなんかは全然やり取りができなくなってしまうんですよね。

「そんなに重いデータとかやり取りすることあるの?」って思う人もいるかもしれませんが、パンフレットの元データとか、写真のデータとか、結構容量が大きいものが多いんですよ^^;

これは外でPC触ったことがある人なら「電波の状態悪っ(>_<;)」って、きっと1度か2度は経験あるはず…

そんな時に大助かりですよ。

MicroSDカードならAndroidのスマホや一眼レフカメラ、ビデオカメラなんかにも使えるので、何かとあれば重宝しますよ。

色々とメーカーや容量などもありますが、おすすめは

・64GB~128GB

・大手のメーカー(サンディスク、トランセンド、東芝、ソニー)

・Class10

・転送速度早め

のやつです。

 

特に、転送速度が意外と見落としがちで、容量多くても転送速度が遅いとイライラします。

体によくないので、ちょっと高くても転送速度が早いものを買いましょう。

余談ですが、先日代表理事の成澤が使っていたMicroSDカードが割れてしまい、ご臨終となりました(;_;) たぶん何十万の価値が詰まってたと思います…

適度なバックアップも忘れずに。

 

(3)ポータブル電源(モバイルバッテリー)

画像のアイテムはこちら→https://amzn.to/34v3y64

これは僕がノマドワーカーとして仕事をしていた時に、いつも持っていたものです。(メーカーとかはさすがに昔なので違いますが…)

これがないと、PCの電池の持ちが悪くて2~3時間しか仕事ができませんでした。

モバイルバッテリーは沢山安価なものが出ているんですが、これはUSBが挿せるだけではなくて、電源コードも挿せるやつです。PCの電源コードと一緒に持ってると、コンセントがない場所でも半日くらいは仕事ができるので、めっちゃ助かります。

しかも、電源コードが挿せるので停電とか緊急事態の時にも色々と使えます。

電源コードを挿さないタイプもあるんですが、それだと自分のPCが変わった時に挿す部分が合わなくて使えなくなる可能性があります。僕はそれで一度買い替えたことがあって、さらに挿入部分のパーツを自分で探して買い足したこともあります。

こういうの買っておけばよかったって、後悔しました…orz

画像のやつは容量もいっぱいだし、サイズもそこそこ。デカすぎず、重すぎず、程よいやつだと思います。

 

最後に

今回は、セールスライターが絶対に持っておきたい3つの小道具として、3つのガジェットを紹介しましたが、自分の仕事が捗るのも良いことなんですが、これらがあるとクライアントさんとの打合せとかで万全の態勢で臨めるのが一番良いことなんですよね。

「百聞は一見に如かず」で、話すよりも画面を見せた方がいいなら大きな画面で見せて話をした方が伝わりやすいし、「鉄は熱いうちに打て」ってことで、資料とかもすぐにデータとして渡せるなら、渡して見てもらった方が話が進みます。

このへんの準備をこれらのガジェットは解決してくれます。

相手に対するちょっとした心遣いや姿勢が、もしかしたら仕事の受注に繋がるかもしれませんね(^_^)

今日の記事があなたのお役に立てば幸いです。

本日も最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました!

 

PS.
来週はAmazon関係のイケてる補助機能を紹介する予定です。これめっちゃ使えるんでお楽しみに(^_^)

PPS.
JMWAでは今後も楽しい、
そして役に立つメルマガを
配信していきます。

まだ登録がお済でない方は
TOPページのバナーより
ぜひ登録をお願いします。