自分のマーケティング、できてますか?

From:昌子 幹

最近、自社の集客ファネル作りに
着手しています。

つまり、自分のクライアントを
獲得するための仕組み作りですね。

実は独立した時から
「作ろう、作らねば」と思いつつ、
放置すること1年以上。

ようやく重い腰が
上がったというわけです。。

なぜ、そんなに放置してたのかというと、
どうしても自分の集客より
クライアントの案件を
優先してしまうからなんですね。

言い訳するわけじゃないんですが、
これ、たぶんライターやコンサルタントなど
クライアントのビジネスを
サポートしている人にとっては
「あるある」じゃないかと思います。

クライアントの集客ファネル作りを
お手伝いしておきながら、
自分のビジネスのファネルはない
という、、、

そして、「マーケティングが重要」
「コピーが重要」と言いながら、
自分は体当たり営業みたいなことをして
クライアントを獲得しているという、、、(笑)

もちろん、最初のうちはそれでいいと思うし
そうせざるを得ない時期もあると思いますが、
いつまでもそれを続けるわけにはいきません。

「クライアントに言う前に、まず自分でやれ」
というのもあるんですが、
そもそもビジネスとして安定しないんですね。

「今のところはなんとかなってるけど、
これがいつまで続くか不安」とか

「もし今のクライアントを
失ったらどうしよう」みたいな、

どっかのセールスレターで
聞いたようなことが、実際に
自分の身に起きるわけです。。

知っての通り、顧客リストというのは
基本的に減っていくのが常なので、

そうならないためには
僕たちコピーライターも
常に新規のクライアントが
流れ込む仕組みを作っておく必要があります。

と、頭ではわかっているのですが、
それがなかなかできないのが人間の性。

最初に言ったように、
どうしても自分のことは後回しにして、
目の前のクライアントの案件を
優先してしまうんです。

では、どうすればいいか?

これはもう、強制的に
時間を作るしかありません。

「継続的に成長するフリーランスや会社は
共通して、どこかの時点で
一時的に仕事を減らしている」

という話を聞いたことがありますが、
そうすることで自社の強みを見直し
それをもとにビジネスを
再設計しているそうです。

もちろん、そうなる前に
自社のマーケティング戦略について考え
実行するための時間を
毎日1時間でも強制的に作っていたら
後で慌てる必要はありません。

というか、
「僕もそうしておけばよかった」と
こうやって反省しておるわけです。

「社長の仕事はマーケティングである」
というダン・ケネディの言葉の重みを
今更ながら痛感しておるわけです。

まぁ、ある意味、避けては
通れない道なのかもしれませんが、

それでも、自分の
マーケティングのための時間を
毎日少しでも確保しておくことは、

いろんな意味で、良い結果を
生むのではないかと思います。

また、僕の集客ファネル作りの結果など、
このメルマガでシェアできたらと思います。

それでは、また。

昌子 幹

P.S.
ファネル作りに限らず
「こんなことが聞きたい」
などのリクエストや質問があれば
こちらからぜひお聞かせください。
↓↓↓
https://jmwa.org/