フツーのお寺が借金返して超有名になったマーケティングがこれだった

from: 藤村紀和

 

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年末年始は有意義にお過ごしでしたか?
今年もより一層、
マーケティングとセールスライティングを極めていきたいですね。

 

 

さて年始の恒例行事と言えば、
あなたは何を思い浮かべますか?

 

年始といえば、初詣。
あなたはどこか参拝に行かれましたか?

 

 

 

毎年ニュースでも報道されますが、
多いところでは300万人も参拝客が来るそうですね。
このなかに、小さなその辺のお寺からスタートし、
莫大な借金を返済してのし上がったお寺があります。

 

 

すごい御利益がありそう!

それが、成田山新勝寺です。
初詣で一番参拝客が多いお寺なのですね。

 

 

実はこのお寺が一番参拝客が多いお寺になったのも、
マーケティングの力があったって知りました。

 

 

 

もともとその辺りの小さなお寺でしかなかったのに、
なぜこんなメジャーになったのか?

本堂を再建し莫大な借金があるなかで、です。
とても興味深く思いませんか?

 

 

 

そこには、二つの施策がありました。

 

 

一つは、出開帳を行ったことです。
出開帳。つまり、ご本尊の出張ですね。
江戸までご本尊の神輿をかつぎ、
江戸町民に担いでもらったりしてお布施をいただく。

 

 

御利益のデリバリーですね(笑)

 

 

でも知名度の低い単なるお寺では、
江戸町民は食いつかないですよね。

 

 

そこで二つめ。白羽の矢を立てたのが、
当時江戸の大スターでした。

 

歌舞伎役者の市川團十郎です。
彼には跡継ぎがおらず、出産祈願をしたんですね。
そして無事に後継ぎが生まれた。

 

当然團十郎は感謝感激です。
そして歌舞伎の演目で、成田山の御利益をやったんです。
もちろん江戸の庶民に大受けで、
このおかげで成田山の御利益が江戸じゅうの評判になった…

という筋書きなのでした。

 

今で言えば、有名タレントの起用?

 

 

 

知名度を得ていくには、
自身の得意を使いまくって
知名度のある人を全力で支援していく。

 

これってジョイントベンチャーの成功と同じですね。

 

 

 

そして相手へ得意を使うのって、
自分の商品サービスだけではなく
ちょっとした気遣いでもいいんですよね。

 

何より相手が喜んでくれることが重要ですから。

ひとりで大きくなるのは時間もお金もかかりますからね、限界超えて大きくなっていくなら、周りを喜ばせながら自分も喜びに浸かりましょう。

 

 

今年はより一層、ライティングスキルで周りの人を喜ばせていきましょう!

「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール