イカスも、コロスも。

この写真、
これはスタンプカードです。
ここにも色々な仕掛けが入っています。

 

セールスライティングの核になるのが、
言わずと知れた…DRM。
ダイレクト・レスポンスマーケティングの手法ですよね。

 

イカシタかっこいいセールスコピーを作るにも、このDRMの考え方や手法を活かすのは必須・大事です。

 

飲食店や治療院、美容室などショップや小売店で、

 

「集客やりましょう」
「こんなチラシ打ちませんか」
「スタンプカードやりましょう」
「はがきDMが有効ですよ」

 

そのほかにも、

・電話帳リストを買って、テレアポ
・メールリストを買って、メールDM
・友人知り合いに口コミ
・サイトにWeb広告
・googleマイビジネスやマップ
・ブログ
・SNSサイトの使用
・動画

 

こんな提案や取り組みをする。
打てる施策は数多いです。

 

でも…
その前に。

 

これらはあくまで “手段“なのです。
これが大事なのではありません。
じゃあ何が大事だと…??

 

リサーチ?
ターゲット・ペルソナ?
そこも大事。

 

そこをしっかり組めば、
お客さん来ます。
ではお客さんが来て、
対応や受け入れ態勢は??

 

そうです。
お客さんが来て、
満足以上を感じて帰ってくれるか。
導線とオペレーションが最も大事です。

 

 

実際とある飲食店で。
売上げを確保するため営業時間帯を変更して、
メニューをつくりチラシを打って…

 

でも肝心な、
・味
・接客
ここがイマイチだったんです。

そうなると、もうお客さん…
次、ないですよね。

 

DRMは、ファンを作ってリピートを増やして、
客単価を上げていきながら満足してもらう。
おおまかに言うとこうですね。

 

だからファンになるどころか、
見限られてしまうオペレーションをしていたら、台無しです。

 

まずはこの導線からチェックしましょう。
集客のフェーズと
応対のフェーズは同時が必須。

 

小売店の集客施策はここがキモじゃないかと思いますが、
あなたはどう感じられますでしょうか?