PhotoScapeを使ってYoutuber風サムネイルを作ってみた【PhotoScape解説2】

From 長田 真毅

さて、今回は
以前紹介したPhotoScapeを使って
画像に文字を入れる方法を
解説しようと思います。

これを使えば
Youtuberみたいなサムネイルや
ちょっと凝ったFacebook投稿など
簡単に作れちゃいますよ(^_^)

ぜひ使ってみて
くださいね!

※前回の記事はこちら
【超簡単!!】PhotoScapeを使って写真にモザイクをかける方法
https://jmwa.org/contents/tool/how-to-mosaic-photos-using-photoscape/

 

画像に文字を入れる手順

まずはPhotoScapeの「画像編集」を選択

PhotoScape_img01

 

 

左側から任意の画像を選択

PhotoScape_img02

 

オブジェクトの「テキスト(Tの字)」を選択

PhotoScape_img03

 

任意の文字を入力

PhotoScape_img04

 

フォント、大きさ、色などを整える

PhotoScape_img05

 

アウトラインの「適用」にチェックを付けて、色と厚さを整える

アウトライン+テキストだと・・・

PhotoScape_img06

 

アウトラインだけだと・・・

PhotoScape_img07

 

アウトライン-テキストだと・・・

PhotoScape_img08

 

Extra)シャドウを入れると…

PhotoScape_img09

 

テキストの全てが整ったら「OK」を選択

PhotoScape_img10

 

その他の機能

PhotoScape_img11

(1)テキストの上にあるカーブの矢印=角度の変更
(2)左の+ボタン=テキストの複製
(3)右の×ボタン=削除
(4)テキスト周りの白い□=テキストサイズの変更
(5)テキスト上でダブルクリック=テキストの編集
(6)十字矢印が出ている時=テキストの移動

 

バランスを調整したら、右側の「保存ボタン」を押して保存する

PhotoScape_img12

 

やってみた感想と、それっぽく作るポイント

今回やってみて感じたことは、
画像と文章さえ決まっていれば
意外と早く加工ができるなと思いました。

あと、Youtuber風のサムネイルを作る
ポイントとしては、

・「ゴシック体」を使う
・アウトラインを太めに入れる
・目立つ色の組み合わせを使う

というところでしょうか。

最近は、
色々なYoutuberさんが
サムネイルにもこだわりをみせており、
フォントなどにも個性が出てきました。

ただ、やっぱり目立つのは
王道のゴシック体+アウトラインあり
だと思います。

 

最後に

今回はPhotoScapeを使って
Youtuber風サムネイルを
作ってみましたが、

もちろんそれ以外にも
応用が可能です。

例えば
簡単なものだったら
プレゼン資料も
すぐに作れると思います。

大切なのは、
「自分には関係ないや」という
考えではなく、

「自分ならこういうことに使えそうだな」とか
「これを使えば**ができるな」という
前向きな考え方だと思います。

ぜひ、知識の引き出しを
どんどん増やしてくださいね!

本日もお読みいただき
ありがとうございました!

 

PS.
編集している時点で気が付きましたが、
画像の指をさしている左腕が隠れてしまって
違う画像の方が良かったのではないかと
最後に思いました……orz

ちょうどいい画像を探すのも
立派な能力の1つですね(^_^;)

 

PPS.
JMWAでは今後も楽しい、
そして役に立つメルマガを
配信していきます。

まだ登録がお済でない方は
協会HPのバナーより
ぜひ登録をお願いします。