アイデア出しや打合せで大活躍!バタフライボード

アイデア出しや打合せで大活躍!バタフライボード

(引用:https://shop.butterflyboard.jp/)

—————————–
【目次】
・はじめに
・バタフライボードとは?
・バタフライボードの良いところ
・バタフライボードのオススメの使い方
・さいごに
—————————–

From 長田真毅
自宅より

おはようございます。
日本マーケティングライター協会(JMWA)理事の長田です。

ここ最近は寒かったり暑かったり、
かと思えば、
雨が降って風が強かったり、
天気の変化が目まぐるしいですね^^;

体調など崩されていませんか?

僕はおかげ様で
ほぼ規則正しい生活を送っている
(送らされている?)おかげで
ここ最近は風邪などもひかずに
過ごせています。

季節の変わり目なので、
くれぐれも体調には
お気をつけくださいね^^

さて今日は、
クラウドファンディングでも大人気で
2018年にはグッドデザイン賞も受賞した

「バタフライボード」というものについて
お話ししたいと思います。

バタフライボードとは?

バタフライボードとは、
バタフライボード株式会社が販売している
持ち運び可能なホワイトボード
です。

butterflyboard_IMG01

(引用:https://shop.butterflyboard.jp/)

 

バタフライボードの良いところ

バタフライボードの良いところですが、

・携帯性

butterflyboard_IMG02

(引用:https://shop.butterflyboard.jp/)

リングノートのように使えて、邪魔な出っ張りなしに持ち歩けたり

・共有性

(引用:https://shop.butterflyboard.jp/)

引っ張るだけでページが分離して、自由にページが入れ替えられたり

・拡張性

(引用:https://shop.butterflyboard.jp/)

隙間なしにページが連結して、無限にページが増やせたり

・耐久性

(引用:https://shop.butterflyboard.jp/)

完全防水で衝撃に強い特殊素材なので、長持ちで気軽に洗えたり
(なぜか、これだけ白黒画像しかありませんでした、、、)

・保存性

(引用:https://shop.butterflyboard.jp/)

低反射クリアボードを使っているので、きれいにデジタル保存ができたり
(バタフライボードがお勧めするスキャンアプリはMicrosoft公式「Office Lens」らしいです。)

の5つが
バタフライボードの商品ページでも、
特徴として記載されています。
僕は、これらの中でも

「手軽さ」
「使い勝手の良さ」

とても気に入っています^^

バタフライボードのオススメの使い方

僕が一番(2つありますけど)
オススメする使い方は、

(1)クライアントとの情報共有に
(2)自分のアイデア出しに
です。

(1)クライアントとの情報共有に
これはクライアントさんとの
打合せが先方の会社で、

ホワイトボードなどがあればいいんですが
結構ない時ってあるんですよね。

しかも、
近くのカフェで打合せとかの場合も
よくあります。

そんな時に活躍するのが
このバタフライボードです。

打合せの内容をまとめたり、
図を書いて説明するのに
すごい使いやすいんです!

クライアントさんの理解度が
段違いで深まります^^

(2)自分のアイデア出しに
これは、
普通はよくノートとか、
マインドマップとかを使うと思いますが、
とにかくアイデアを書き出していって、
一覧で見たい時とかあるじゃないですか?

そんな時に、
ノートだと一覧で見れないし、
(ノートパッドとかでもいいんですけどね、、、)

マインドマップは
図が書きにくいので、僕には
イマイチの使いごごちだったんですね。

そんな時にこれだと
4P分が一度に見れるし、
(買い足せばもっと増やせます)
図も書きやすいので
非常にアイデア出しに活躍してくれたんですよね^^
whiteborad_IMG01
よく100均とかでも
携帯できるホワイトボードが
売られていますが、

小さいし、
プラスチックの枠が邪魔だし、
とても安っぽく見えるじゃないですか。
(実際安いんですけどね^^;)

家で使う分にはいいんですけど、
ちょっとクライアントさんの前で
使うのは恥ずかしい^^;

バタフライボードは
そんな悩みを解決してくれて、

さらにオシャレで、
デキる人っぽく魅せてくれる
お助けアイテムと言えるのでは
ないでしょうか?

さいごに

今回僕が紹介した
バタフライボードですが、

元々最初は
クラウドファンディングで
売られていたんですね。

それが大人気となり、今では
・A3、A4、A5の複数サイズ展開
・0.5mmの超極細ホワイトボードペンシル付属
・超極薄色の5mm方眼
・スタイリッシュなアクセサリー(別売り)
と、

僕が当初買ったバタフライボードよりも
かなり進化して、
より使いやすくなっています^^

クライアントさんとの打合せが
出先で多い人や、

とにかくアイデアを
ばんばんノートやPCに
書き出していく人は、

このバタフライボードは
本当にオススメです!

売っている実店舗も最近は多いので
ぜひ、タイミングがあったら
実物を見てみてくださいね^^

[今回紹介したバタフライボードの詳細はこちら↓↓↓]

https://www.butterflyboard.jp/
※アフィリとかやっていませんので、安心して見てください^^;

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

PS.
JMWAでは今後も楽しい、
そして役に立つメルマガを
配信していきます。

まだ登録がお済でない方は
右側の登録フォームか、

期間限定配布中の無料レポートページより
ぜひ登録をお願いします。
↓ ↓ ↓
https://jmwa.org/