セールスライター誕生物語

こんにちは
マーケティング・ライター
米野です。

ご存知のように
あのダン・ケネディが64歳の若さで
この世を去りました

まだまだ沢山、彼から学ぶことがあったでしょうに
非常に残念です。

思い起こすと、
私がコピーライティングの
まともな(?)教材を買ったのは

スパイ・ダンケネディ・コピー
が最初でした。

しかも、ライフィタイム・オファーの
高額なヤツです(^^;

当時、ダイレクト出版のセールスレターや
メルマガなどを読んでいて
コピーライティングに興味を持ち

ちょっと本格的に勉強してみるか
と思っていた頃

たまたま、スパイ・ダンケネディ・コピーの
ライフタイム・オファーの案内が来たんですね。

どうせ学ぶなら
一流のライターの教材から学びたいと思っていて
小川さんも絶賛していたダン・ケネディのものにしようと。

しかも、ライフタイム・オファーなので
ダン・ケネディのコピーの教材は無論

寺本さんの12週間やヤニク・シルバーの教材も
無料で手に入るということだったので
購入しました。

ところが、
スパイ・ダンケネディ・コピーが届いてビックリ!

何を言っているのか全然理解できません(笑)

後で知ったのですが
スパイ・ダンケネディ・コピーは
コピーの初心者が読んで理解できるものではありません。

高額な費用を払ったのに
これじゃ、豚に真珠、猫に小判。

しょうがないので
と言ったら失礼ですが(^^;

寺本さんの12週間講座から勉強をスタート

今は知りませんが、昔のヤツには
推薦図書が十何冊ほど書いてあったので
それも全部買いましたね。

もちろん、1度読んでわかるはずもなく
いまだに本棚に置いてあって
時々、パラパラと読んでいます。

そうしているうちに
徐々にスパイ・ダンケネディ・コピーの中身も
なんとなくわかるようになったんですね。

最初の1年くらいは
本当にチンプンカンプンでした。

今でも、
全ては理解できていないと思いますけど…

でも、それもおそらく
あと何号かで終わりですね(T_T)

寂しいです…

ちなみに、その時はガッツリ勉強していましたが
セールスレターは1通も書けませんでした。

書こうと思ったことはありましたが
書けませんでした。

書けなかったので、また、別の教材で勉強するという
ノウハウコレクターに近い状態。

12週間講座の宿題にも
セールスレターを書くのがあったので
何とか書こうとは思ったんですけどね。

だから、今、コピーの勉強をしていて
セールスレターを書けない人の気持ちがよくわかります。

勉強が足りないんじゃないだろうか…
そもそも才能がないんじゃないだろうか…
どこかに秘密の書き方のようなものがあるんじゃ…

と思っていましたね。

そんな状態の時に、今度は、
寺本さんのアプレンティスのオファーが来たので

ここに入ったら、
書けるようになるだろうと思って参加。

最初のうちは、少し講義もありましたが
基本はセールスレターのレビューが中心なので
セールスレターを書かないと始まりません。

お陰で、下手くそなコピーを書くことができたんです。

もちろん、レビューはボロボロ
瞬殺です(笑)

それでもめげずに
毎月、3〜4本のレターを書いて
レビューをもらいました。

通勤電車の中でリサーチのための本を読み
帰宅後にネット検索をし
土日にライティングをするというハードワーク。

でも、楽しかったですよ。

書けば書くほど
何となくセールスレターの書き方や
スワイプの使い方、リサーチの仕方がわかり

しかも、ちゃんとレビューしてもらって
フィードバックされるのですから。

結局、アプレンティスを2期
1年やったお陰で

卒業イベントの100万円コンテストで勝てましたし
認定試験にも合格できました

で、今の私があると。

話が長くなりましたが
私のセールスライティングのスタートは
ダン・ケネディからです。

もちろん、本人に会ったことはありませんが
本当に多くのことを学ぶことができましたし

人生を変えるキッカケを作ってくれました。

ダン、ありがとう!

そして、安らかにお眠りください。

こんな話にお付き合い頂いて
ありがとうございます。

米野敏博

PS:
JMWAはセールスライター業界の発展のために、
セールスライターの地位向上を目指しています。

お知り合いのセールスライターに
JMWAのメルマガをご紹介頂けると嬉しいです。
https://jmwa.org/