見えない世界で闘う力

From:昌子 幹

年末ですね。

年末と言えば大掃除ですね。

あなたはもうしましたか?

僕は元来、掃除というものが苦手で、
毎年、年末になると
憂鬱なことランキングのトップを
大掃除と年賀状が競い合っていたものです。

掃除の重要性を訴える
経営者の話を聞いた日には、

「そんなことで売上があがるなら
苦労はしないぜ」
とせせら笑っていたものです。

ところが、、、

そんな僕が、
年末に限らず今年は
めちゃめちゃ掃除をしました。

一年を振り返ってみると
掃除しかしてなかったんじゃないか?

と思うぐらいです。

まぁ、それは嘘ですが、
今までの僕からしたら
ありえないくらい
掃除をしたのは確かです。

まず、家の中に眠るいらない物、
使ってない物を捨てまくりました。

見事なまでに捨てまくりました。

半年前に一通り捨てましたが、
この年末にさらに捨てました。

それだけではありません。

僕はシェアオフィスにデスクを借りていて
そこで仕事をすることが多いのですが、

そのデスクを拭き掃除してから
仕事に取り掛かるようになりました。

最初は1週間に1回だったのですが、
今は毎朝しています。

デスクだけじゃなく、
パソコン、モニター、スマホ、
万年筆などすべて磨くのが
今やルーティンになってます。

さらに、オフィスから帰る前に
トイレを掃除してから帰っています。

もちろん、オフィスの誰も
そのことに気づいていません。

というか、
気づかれないように
やっています。

時には大サービス(?)で
誰もいない時を見計らって
オフィスのフロア全体に
掃除機をかけたりもします。

なぜ?
何のために?

詳しくは言いません。

ただ、、、

経営者が「掃除、掃除」って
うるさく言っている本当の意味が
少しだけわかった気がします。

個人的な経験から言うと、
絶対やった方がいいです。

もし掃除の習慣がないなら
習慣にした方がいいです。

なぜか?

やってみたらわかりますw

「そら、やった方がすっきりするし、
仕事もはかどるだろうな」
くらいは思うかもしれませんが、

おそらくそれをはるかに上回る
何かが得られると思います。

もしあなたが掃除が苦手なら
騙されたと思って
やってみてください。

それでは、良いお年を!

昌子 幹