おいしい仕事を断った理由

From:昌子 幹

先日、あるクライアントから
新規案件の依頼を受けました。

そのクライアントとは
既に何度か仕事をしているのですが、
ほぼ毎回LP+サンキューページ+セールスページの
3点セットです。

このセットだと
そこそこの報酬額になるので、
仕事を受ける方としては
もちろん嬉しい案件です。

で、今回もそのセットで、、、
という依頼だったのですが、

打ち合わせの結果、こちらの方から
「セールスページだけでいいんじゃないですか?」
と提案し、結局その通りになりました。

なぜ、わざわざ自ら
仕事を減らすような提案をしたかというと
もちろん、それには理由があります。

というのも、まず今回の案件は
新商品のリリースだったのです。

いつもは、既存商品の
訴求を変えたりコンセプトを変えて
広告を出し直すパターンが多いのですが
今回は全くの新商品。

それを最初から広告に出したい
という話だったのですが、
正直「リスクが高いな」と思いました。

要は、売れるかどうか
見当がつかないのです。

しかも、新商品だから
お客さんの声や事例といった
証拠もない。

だったら、いきなり広告を出すより
ハウスリストでまずはリリース
した方が良いです。

そうすれば、
新商品リリースというニュース性があるので
キャンペーンとしても盛り上がりやすい。

広告コストをかけずに
ターゲットの反応を見れるし
お客さんの声も集まる。

その結果を踏まえて
商品内容やレターを改善すれば
広告を出しても失敗しにくい。

といったように、
クライアントにとっては
いいことしかないわけです。

まあ、新商品をリリースするなら
まずはハウスリストからというのは
セオリーではあるんですが、
クライアントは案外そのことを忘れがち。

でも、こちらからそれを指摘してあげれば
「それはその方がいいですね」という話になるわけで、
今回も既存客向けの新商品リリースキャンペーンに変更。

こちらで用意する制作物も
セールスページとステップメールのみ
となったのです。

当然ながら、制作物が減った分
報酬も減ることになりました。

「ちょっと惜しいことしたかな」
と思わなくもなかったのですが、
でもやっぱりこれで良いのです。

だって、ハウスでうまくいけば
広告を出す時に
また新たな仕事が発生するわけで
長期的に見ればそっちの方がいいのです。

重要なのは、目先の報酬よりも
クライアントとの信頼関係。

僕たちの仕事は、まず最初に
クライアントに成果を出してもらったり
喜んでもらうことです。

そうやって相手から信頼を得ることではじめて
リピートしてもらえるようになり
報酬も徐々に上がっていくものです。

にもかかわらず、
クライアントをないがしろにして
目先の利益や自分の都合を優先していては
信頼関係が築けるわけがありませんし
長期的にはマイナスにしかならないのです。

自分のことよりまずは何をさておき
クライアントに貢献すること。

当たり前のことですが
忘れないようにしたいですね。

それではまた。

昌子 幹

「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール