本当は一番重要なこと

こんにちは。

セールスライティング・ドクター
米野です。

セールスレターのレビューをしていると
よく聞かれることがあります。

それは、ペルソナのB.D.Fに関することです。

BはBelief、思い込み、信念、常識など
Dはdesire、願望、望み、希望など
FはFeeling、感情

ですね。
ライターの設定したペルソナの説明を聞いて
「それもあるかもしれませんが、
〇〇といったB.D.Fを持っていませんかね?」
というと、

「言われてみれば、そうですね〜
どうして〇〇だとわかるのですか?」と聞かれます。

こちらからすると
「どうして、そこに気付かないの?」
と思うわけですが、その理由は明らかです。
一言で言えば“リサーチ不足”ということです。

ただ、このリサーチですが
多くのライターが誤解(?)しています。

それは、ライティングの仕事に関したことだけを
リサーチするということです。

「ライティングに関係しないリサーチって何?」
と思われるかもしれませんが、
商品やサービスを含めた全てがリサーチなんですね。

わかりにくいですかね(^^;

例えば、ダイエット・サプリの
セールスレターを書くとしましょう。

当然、商品やターゲットのリサーチはしますよね。
これは、当たり前です。

では、50代既婚、男の子二人持ちの男性ライターと
30代独身の女性ライターのどちらが
いいセールスレターを書けると思いますか?

通常なら、もちろん女性ライターの方でしょうね。

なぜなら、普段からダイエットに関する情報に
たくさん触れているからです。

同僚から、〇イザップに通っていたけど
結局は続かなくてやめてしまったといった話を聞くとか
最近の雑誌にはコエンザイムの話題が多いとか

ダイエットやターゲットに関する情報を
たくさん持っているからです。

つまり、商品のサプリそのものは全く知らなくても
その周辺情報をたくさん持っていれば
その分、いいセールスレターが書ける可能性が高くなります。

で、冒頭の話に戻りますが
セールスライターは、普段から様々な情報を収集すべきです。

それは、本や教材からの情報もあるでしょう。
人から聞く情報もあるでしょう。
どこかに行って見ることもあるでしょう。

一見、無駄に思えるかもしれませんが
このような周辺情報をたくさん持っていればいるほど
いいセールスレターを書ける可能性が高まります。

そういう意味では、年配のセールスライターは有利です。

なぜなら、若い人に比べて、知識や経験量が多いからです。

時間の効果は絶大です。
これは、そう簡単には超えることはできません。

では、若いライターはダメかというと
そんなことはありません。

周辺情報はコツコツと集めるしかありませんが
自分のよく知っている分野の情報を集中的に集めればいいのです。

自分が情熱を傾けられる得意分野を作る
ということですね。

やり方は、人それぞれですが
ライティングの仕事でなくても
普段から周辺情報をインプットしておくと
仕事の時に役立ちますよ。

 

PS:
JMWAはセールスライター業界の発展のために、
セールスライターの地位向上を目指しています。

お知り合いのセールスライターに
JMWAのメルマガをご紹介頂けると嬉しいです。
https://jmwa.org/