鬼滅の刃は漫画で読むのがオススメ!

 

先日、妹から
鬼滅の刃の漫画を借りて
全巻を読んだんですよ。
(※僕は3人兄妹の長男なんです)

実は、僕はアニメの方から入った口で
アニメは23巻中1~6巻までの話なんですよね。
(※映画の無限列車編は7~8巻の話です。)

アニメは途中で終わってしまうので、
続きが気になっちゃって気になっちゃって(^_^;)

 

全巻を読んだ者の感想としては、
長すぎず、登場キャラもみんな見せ場があって
「面白かった!!」という率直な感想です(^_^)

 

全巻読んで、
至福の時間を過ごした訳ですが、

ありがたいことに
セールスライターとして
非常に興味深い部分を
見つけてしまったんですよ!

その興味深い部分というのが、、、

 

あなたは「コソコソ噂話」を知っていますか?

あなたは鬼滅の刃の
「大正コソコソ噂話(大正コソコソ話)」という
作者のあとがき?的な
プチ情報をご存知でしょうか?
(※最後の方だと戦国コソコソ話もあります)

これは1話1話の間にたまに入る、
作者の感想的なものや
漫画では描き切れなった部分の
解説だったりするのですが、

ここの
「漫画では描き切れなった部分の説明」が
めちゃくちゃ細かいんです!

 

詳しく書くと
ネタバレになってしまうので
書きませんが、

もう本当に細かい設定が主要キャラ、
しいてはストーリーに関係ない
サブキャラまで描かれていて、
「ここまで設定しているのか!!」と
ビックリしました。

緻密な設定、世界観の上に
あの大人気漫画(アニメ)は
成り立っていたんだなぁ…と
感慨深くなりました(^_^)

 

ここまでの話を読んで、
もうあなたならお気づきだと思います。

そうです、
私たちセールスライターも
「ペルソナ設定」は大事ですよね?

 

ペルソナを設定する時って、
大雑把にしか決まっていないのも良くないし、
(例:30代~50代の女性とか)

逆に細か過ぎて、
白馬の王子様になってしまっても
良くありません。
(理想的過ぎて現実にはほぼいないので)

 

ただ、購買層から読み解いて
詳細なペルソナが作れれば、
外しにくくなると思うんですよ。

物語と一緒で、
細かければ細かいほど
話に厚みが出せますよね。

 

これは、セールスレターだと
「訴求することが明確になる」
「訴求が共感されやすくなる」
とでもいいましょうか。

ペルソナ設定がぼんやりしていると、
訴求もぼんやりとしか言えないんですよね。

特にストーリーの型を使う時なんかは
ペルソナ設定はとても重要だと思っています。

浅いと話が膨らまないので。

 

 

最後に

実はアニメでも次回予告の時に
コソコソ噂話が出てくるのですが、
僕は断然漫画で読むことをオススメします!

作者のキャラ愛?世界観?とでもいうべき
緻密さが良く分かります。

きっと世に出る漫画や小説、
ドラマやアニメの多くは
緻密に練られた設定があり、

その設定が大変素晴らしいものであるため
それがヒットに繋がるのではないかと
思います。

僕たちも
ペルソナ設定はしっかりと
できる限り細かく設定したいものですね。

本日も最後までお読みいただき、
本当にありがとうございました!

PS.
余談ですが、
セールスレターを読んだとき
評価が厳しくなるのは
大抵ペルソナ設定が甘いです。

緩すぎるから全体的に
“ふわっ”としています。
これマジで。

PPS.
アニメの方も
戦闘シーンは迫力があって
好きです(^_^)
また違った魅力がありますね。

 

【鬼滅の刃全巻セット kindle版】
https://amzn.to/3k5G2Vh