コピーライターのもう一つの報酬

From:昌子 幹

「ひょっとして、仕事してないんじゃないの?」

先日、オンライン飲み会をしていた時、
友人にそう言われました。

というのも、その時、たまたま
あるテーマが話題に上ったのですが、

そのテーマについて
およそ一般の人が知らないような
ことまで僕が知っていたからです。

なので、飲み会に参加していた他の2人からは
「あいつは仕事をしてるふりをして、
実はこのことをずっと研究しているんじゃないか?」
と疑いの目を向けられることになったのですが、
もちろん、そんなことはありません。

というか、仕事しかしてないくらいの勢いです。。

じゃあ、なんで専門外の分野のことを
そんなに詳しく知っていたのかというと、

答えは簡単で、以前、その分野の商品の
セールスレターを作ったことがあるからです。

セールスレターを書くためにはその商品だけでなく
その市場についてもリサーチすることは
コピーライターとして当然のことですが、

これを繰り返していくと
いろんな分野のことについて
いやでも詳しくなるんですね。

なので、例えば僕の場合、
スピリチュアルなことや
ダイエットや健康のこと
はたまた投資のことなんかまで
結構、詳しかったりするんです。

もちろん、
専門家ほど詳しくはないんですが、
一般の人よりは知識が豊富なので
その分野の話が出てきたときは
話のネタに困らないのです。

これは、コピーライターを
やっていることで得られる
副次的なメリットと言えるでしょう。

こういった副次的なメリットを
「グリッケン」と言うそうです。

元々は、ケーキの上に
ちょこんと乗っかっている
イチゴやチェリーなど
追加のおまけ的な意味合いらしいのですが、

コピーライターをやっていると
ケーキ本体よりも大きな
グリッケンがある場合が
決して少なくありません。

その代表的なものが
無料で商品の内容を知ったり、
商品を使ったりすることができる
ということでしょう。

例えば、最近、
ある健康系のプログラムの
セールスレターを書いたんですが、

商品リサーチの過程で
健康的に痩せる食事の方法を知ったんですね。
しかも、おいしく食べながら。

で、実際にここしばらく試しているのですが、
着実に体重が落ちてきただけでなく、
体調も良くなって、集中力もアップしてきたんです。

そのプログラムに入会しようとすると
うん十万円かかるのですが、
そこで紹介されているノウハウを無料で知り
実生活に活かすことができたわけです。

そういう意味では、ライティングより
高い報酬だったとも言えるでしょう。

ただし、このグリッケンはあくまで
自分が興味のある分野でしか成り立ちません。

例えば、美容関係のカテゴリーに関しては、
メイクのコツを知っていたところで
使いようもないですし、
そもそも興味がないのです。
(あくまで僕の場合ですよ)

逆に、自分が興味のある分野であれば、
好きなことを学びながら報酬がもらえるという
一度で二度おいしいことになるのです。

なので、そういう意味でも、
自分の好きな商品を売った方がいいのかな
と思ったりするわけです。

それでは、また。

昌子 幹