反応が悪い場合の考え方と対処法について

from 成澤将士

 

この仕事をしていると、たまに思ったように反応が出ないことがある。

僕らの作る広告物は、改善を重ねて精度(反応)を高めていくものだし、スタートの反応が悪いからと言って悲観する必要はない。

とはいえ、反応が悪いなら原因を探って改善策を取らなければいけない。

そうじゃないと、お金を払ってくれるクライアントに申し訳ないし、結果を出すのがプロの仕事。

 

たまに、「作ってくれたセールスライターに ‘‘反応が出ない‘‘ と言ったら、音信不通になってしまって困ってる」なんて相談が僕のところに来るけど、それをやっちゃうとセカンドチャンスがないし、いつまで経っても結果が出せないし、自分の知らないところで悪評が広まっちゃう。

なので、そういうやり逃げみたいなスタイルはオススメしない。

 

ということで今回は、反応が悪い場合の原因の探り方や、改善するためには具体的にどこに手を付ければ良いのか?についてお話します。(動画は約7分です)