思い込みを捨てろ

From:昌子 幹

いかに短時間でセールスレターを書くか?

これは、多くのコピーライターにとって
重要な課題の一つではないでしょうか?

理由はとてもシンプルで、
それだけたくさん仕事をこなせるから。

例えば、LPのライティングに
平均で1週間くらいかかっていたとします。

となると、1ヶ月で受けられる
LPライティングの仕事は
マックスで4本。

単価15万円だとしたら
1ヶ月の売り上げは60万円です。

それだけコンスタントに
仕事があるかどうかはさておき、

もしライティングにかける時間を
半分にすることができれば
売上は単純に2倍になるわけです。

そうは言うけど
実際に作業時間を半分にするのは
そう簡単なことではないでしょ?

と思われるかもしれません。

問題はそこです。

コピーの仕事をいくつかこなしていくと
大体自分のペースが掴めてきます。

例えば、LPなら○日、
ステップメール1本なら○時間
といった具合です。

で、恐ろしいのが
「この作業にはそれだけかかるもの」
という固定観念が生まれることです。

そして、その思い込みが定着すると
それ以上のことが
できなくなってしまうのです。

実は、僕も以前はそうでした。

LP1本作るには
1週間くらいかかるもの
と思い込んでいましたし
実際それくらいかけていました。

でも、ある時に仕事がグッと増えたんですね。

それはそれで嬉しいことではあるんですが、
毎日遅くまで休みなしで働いているのに
なぜか売上が大して伸びていない。。

そらそうです。

どれだけ仕事があっても
こなせる量に限りがあるのですから。

じゃあ、どうするか?

と考えた末に出した結論は一つ。

「作業時間を半分にするしかない」

というわけで、例えばLPなら
2〜3日を目標にして取り組みました。

すると、、、

不思議なことに3日で
できてしまったのです。

もちろん、1日あたりの
作業時間は増やしていません。

なんでそんなことができたか?
と考えてみたんですが、

やろうと思えばそれまでにも
それくらいの時間で
できたはずなんですよね。

だけれども、「LP1本1週間」
という固定観念が定着してしまったがために
それ以下の時間でやろうとすら
思わなかっただけなのです。

逆に言えば
その固定観念や思い込みに気づき
そのブレーキを外してやれば
今まで「できない」と思っていたことも
案外簡単にできてしまう可能性があります。

これは別に
作業時間に限ったことではありません。

「私は○○だから」
「○○とはこういうものだから」

こういった思い込みや固定観点は
誰でも少なからず持っているものです。

でも、それは本当ですか?

自分で勝手に思い込んでいる
だけではありませんか?

あるいは、誰かに思い込まされている
だけではありませんか?

その思い込みを覆すような
目標を設定して
そこにチャレンジしてみると

案外簡単に新しい世界が
見えてくるかもしれませんね。

それでは、また。

昌子 幹