本のリサーチを素早くやる方法

本のリサーチを素早くやる方法

こんにちは。

セールスライティング・ドクター
米野です。

今回は書籍のリサーチを素早くやるテクニック
についてご紹介したいと思います。
セールスライティングのリサーチでは
クライアントさん自身が発行している書籍や
競合が発行している書籍

あるいは、見込み客や市場のリサーチのために
書籍を読むことがあると思います。

でも、分厚い本を隅から隅まで読んでいたら
肝心のペルソナ設定ができなくなります。

ペルソナに伝えるべき
主張を考えることもできなくなります。

そんな時、私がどうやっているかを
お話ししますので、参考にしていただけたらと思います。

まず、リサーチする本を
近くの図書館で借りられないかを検索します。

長いお付き合いのクライアントさんの場合には
買ってしまいますが、一度読んだら終わり
という本の場合には借ります(^^;

図書館で借りられない時には
しょうがないので書いますけど…

ここでは、買った本と借りた本の2ケースで説明します。

(基本は同じです)

 

買った本の場合

<第1ステップ>

まず、「はじめに」と「目次」と「終わりに」を読みます。

だいたい、どういう内容が書かれているかを確認するためですね。

その上で、「何を調べるか」を明確にします(←超重要)

例えば、「売りたい商品の証拠」になるものがあります。

権威のある人の本なら
「〇〇さんも本で、こう言っている」
と使えますからね。

その他にも、いろいろあります。

売る商品が見込み客に
「必要な理由」
「意外な事実」
「統計データ」
「お客さんの不満・不安・願望」
「お客さんのBefore-After」

あるいは、クライアントと全く反対のことを言っているとか
ということ探す目的で、パラパラ読みます。

「読む」というよりも「探す」というイメージですね。

<第2ステップ>

本をパラパラとめくりながら
これが「探しているもの」かな?と思ったら
所構わず印をつけます。

ちょっと気になったら、その周辺の文章を読んで
チェックをつけます。

「チェックを付けようかどうしようか」と悩んだりはしません。

とにかく、チェックを付けるのが目的です。

<第3ステップ>

チェックをつけたところをノートに書き出します。

ただ、あまりにもチェックが多いようでしたら
スマホで写真を撮るか、その部分を読み上げて、音声入力します。

そういったものの中で重要なものは、私の場合は
最後にノートに書き出します。

<第4ステップ>

ノートに書き出した書籍以外のリサーチ全てを眺めながら

「どういったペルソナにするか」
「何を訴えれば良いか」

などを考えますが、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。

ここで、気になった点やデータが不足している場合には
これらが本の中にないだろうか?と
再度、パラパラと探すことがあります。

借りた本の場合

借りてきた本の場合、
探していたものを見つけても
アンダーラインを引いたりはできません。

その場合には、アンダーラインなしで
スマホで写真を撮るか、音声入力して、記録します。

「探す」ことに注力する

ここで大切なことかは
この段階では色々と考えないことです。

「探す」時には「探す」ことに集中します。

そうしないと、自作分の思い込みで本日のリサーチを続けてることになり
いつの間にか、偏ったリサーチになってしまいます。

「結論ありきのリサーチ」
と言った方が良いかもしれませんね。

それが当たっていれば良いのですが、外れると大失敗になります。

リサーチの時点では、自分の思い込みを捨て
ニュートラルな気持ちで臨むのが良いでしょう。

今日も読んで頂き
ありがとうございます。

セールスライティング・ドクター
米野敏博