大きいデータのやり取りならこれがおすすめ「GigaFile便」

GigaFile便

さて、今日は
容量の大きいデータを
オンラインで(しかも無料で)
やり取りできるサイトを
ご紹介したいと思います。

結構、
画像やデザインなどの
データって、

多くなると
容量もかなり大きく
なってしまいますよね?

チャットワークでの
やり取りなんかでは、
無料プランでは5GB
有料プランでも10GB
しかないので、

セミナーのスライド(パワポ)や
パンフレットの完成データ(イラレ、フォトショ)、
写真の生データなど、

容量の大変大きい
データのやり取りをしていると、
すぐに容量いっぱいに
なってしまいます^^;

そんな時に
今回のサイトは役立ちます。

ぜひお気に入りに
入れておいてくださいね^^

無料で大容量のデータ転送サービスサイト「GigaFile(ギガファイル)便」

GigaFile便

https://gigafile.nu/

https://gigafile.nu/

このサイトは
会員登録不要、容量無制限(1ファイル200GBまで)で
オンラインでデータを転送できるサイトです。

他にも色々な同じサービスのサイトが
あるのですが、
日本ではここが一番有名で
大手じゃないかと思います。

 

GogaFile便の使い方

使い方は簡単です。

1) ファイル(データ)の保持有効期限を選ぶ

1)ファイル(データ)の保持有効期限を選ぶ

1)ファイル(データ)の保持有効期限を選ぶ

データが保存されている期間を選びます。

あまり長い期間を選ぶと
「あとでダウンロードすればいいや」と
相手が思ってしまって、

ダウンロードしてくれなかったり
することがあります。

適度な期間を選びましょう。

 

2)送りたいファイル(データ)をドラッグ&ドロップする

2)送りたいファイル(データ)をドラッグ&ドロップする

2)送りたいファイル(データ)をドラッグ&ドロップする

 

任意のデータをドラッグ&ドロップして
アップロードします。
フォルダごとアップロードが可能です。

 

3)作成されたURLを相手に教える

3)作成されたURLを相手に教える

3)作成されたURLを相手に教える

 

アップロードが終わったら、
URLが作成されます。

このURLを相手に教えてあげれば、
あとは相手がURLから
ダウンロード用のページに飛んで、
データをダウンロードするだけです。

ちなみに、
アップロードする時に
ダウンロードパスワードも
設定することができますし、

複数のデータをアップロードして
まとめることもできます。

ダウンロードパスワードを設定したり、短縮URLを作ったり、まとめたり

ダウンロードパスワードを設定したり、短縮URLを作ったり、まとめたり

 

URLはそこそこ長いので、
短縮URLも作ることができますよ^^

 

最後に

今日は
オンラインでデータを送れる
GigaFile便について
ご紹介しましたが、

これ以外にも
ネットで調べると
色々と無料のデータ転送サービスが
見つかると思います。

以前、
同様のサービスを展開していた会社が
情報漏洩を起こしてしまい、
サービスの停止を余儀なくされた
ことがありました。

そこはデータ転送サービスとしては
非常にポピュラーな会社だったのですが、
これ系のサービスを使っているユーザーの間で
かなりの動揺と衝撃を与えました。

お気に入りを使い続けるのも
もちろん良いのですが、

オンラインのサービスは(特に無料のものは)
「いつサービスが終わるか?」
「何が起こるか?」が、
分かりません。

今回のサービスも含めて、
何かあった時の代替手段は
複数持っておくことをおすすめします。

今日の方法が
あなたの助けになれば幸いです^^

本日もお読みいただき、
本当にありがとうございました!

PS.
JMWAでは今後も楽しい、
そして役に立つメルマガを
配信していきます。

まだ登録がお済でない方は
お得な情報も得られる
無料レポートより
ぜひ登録をお願いします。

PPS.
こちらの公式ヘルプページでも
詳しく使い方を紹介しています。
↓ ↓ ↓
https://news.gigafile.nu/tutorial