合わせ技一本?マーケティング

新年への準備に慌ただしい季節、
新年に向けて新しく買い替えるものが
いくつか出てきますよね。

 

そのなかの一つが、
「手帳」
じゃないでしょうか。

 

 

あなたは手帳をどのように活用されますか?
上手に使っていますか?

Webシステムを使ったり、
いやいやアナログが一番!
なんて言う方も。

 

 

僕は手帳を使うことが苦手で…、
何がいつあるかを携帯に登録するだけ。
アナログ手帳を買うこともありましたが
最後まで一年全うしたことがほとんどありません
(^_^;)

 

 

 

そんな自分がアナログ手帳を、
使いたくなるようなセミナーがありました。
そこには「合わせ技」がありました。

ただ効率的で有効的な、
手帳を活用するだけではないんです。
どこにでもあるセミナーではないんです。

 

どんな内容かと言うと…

 

 

運氣を呼び込む手帳の書き方で
新年しっかりとチャンスを掴んでいこう。
そんな内容でした。

受講者の心情をとても上手に、
共感しているなぁと感じました。
例えば、、、

・新年で新たな氣持ちを持ちやすい
つまりリセットしてしまう(笑)

・運勢というある意味他力本願的な魅力

・そして使い方が簡単

毎日無理なく使いたくなる仕掛けです。
(少なくても僕はそうでした)

 

 

 

 

ただ手帳を売るだけでは、
手帳という形ある商品代のみ。

そこに運勢学という要素が入り、
セミナーの付加価値がつきます。
イコール受講料もアップ出来て
しかも原価がありません。

 

 

運勢はみんな上げたいですしね。

 

 

こうした組合せ・掛け算が
高額化の道になってくる。
さ、さらに!
運勢学を学びに行っちゃう…
そんな道すらできてしまいます。

 

 

自分が思わず進んでしまいそうな、
ハマらないよう氣をつけないと!
と思う体験でした。

 

あなたにも、つい深入り…
してしまいそうな体験ありませんか?