思い込みが、全てなんです

from: 藤村紀和

 

全国に出ている緊急事態宣言、
なんとなく一部特定地域を除き
解除されるような感じですね。

ようやくか~~

 

 

僕の地元浜松も飲食店の自粛要請解除となり、
感染対策を講じつつ営業再開となってきました。

今まではお店が閉まっていたので
外食もままならない環境だったんですが、
外食ができるようになってきました。

 

 

ただ店内が混んでいるのは、
もうそれだけでそこで食べるの避けちゃいますね。
自分たちだけがイートインの状態ならいいのに…
なんて身勝手なこと考えちゃいけませんね(^_^;

 

 

今回の騒動では、テレビやネットでも感染について、
いろいろ情報が拡散されています。
はてどれが正しい情報なのか…

 

これ、消費者の動きでいうと
正しい・正しくないが問題ではないんですよね。

 

なぜなら、

その人が思ってしていることが全て。
だからです。

 

スーパーやコンビニで、商品を触るだけで感染する。
とか、
お札やコインの受け渡しでも感染する。
とか、
極端にいえば向かい合ってるだけでリスクがある、
など。

こう思いこんでいる人たちが、
消費活動をしているんです。

 

 

このような人たちが、
飲食のテイクアウトをするときに
どう感じるのか?

 

・食券機触って買うの、嫌だなぁ…
・モノ触るなら手袋してくれよ…
・持ち帰りの待ちスペースだけ混んでる…

 

いっぱい感じてることがあるんですよね。
こうした部分のような細かいところまで
氣にして手を打てているお店が残る、
そう思いました。

実際細かいところまでやってるところ、
チラホラ見られます。
お客さんやっぱりついてますね。

 

実際「自分は大丈夫だ」と思っても、
相手がどう思っているかが大事なことです。
マーケットインの考え方ですね。
いろんなところで効く考え方だと思いました。

 

 

 

追伸)
しかしまぁ、消費税が10%に増税されたから
テイクアウトが主流になると思ってたんですが、
ウイルス流行で主流になるとは思いませんでした。