お店の売上げUPに有効な、コレ。

from: 藤村紀和

 

貴方の広報を後方から支援を!
この想いで本日もまいります。

 

 

もしあなたがセールスライターなら…
当然お客さんから、
選んでもらう・反応率を上げるための文章を書きますよね。

 

ただ、書くだけでは足りません。

 

「●●をやり、こういう媒体にこう書き打ち出しましょう」
と提案できればいいですね。

 

この●●部分。

 

なんでしょう。

 

 

それは、

「イベント」「キャンペーン」をやる!
ということです。

 

今ならさしずめ、令和改元ネタですね。
刻印された饅頭やせんべいや、
一新というのに乗せていろんなところでやっています。

 

 

そしてなんだかいつもより、
購入してしまいがちな雰囲気もあります。
なぜなら、「買うための理由づけ」になるから。

 

人が行動するときは必ず理由があります。
これは意識無意識に関わらず、です。
行動するということは、
行動させるものがある!ということ。

こんなオシャレな祝改元クッキーもありましたよ

 

なので何かしらの理由を作り、
お客さんへ提案することは大事です。

 

 

でも工夫をしなければ、
キャンペーンを待たれてしまう。
平常時の売上げが上がりませんね。

 

 

以前手がけた案件のことです。
もともとは休眠客活性化目的で
行ったキャンペーンでした。
この結果は上々だったのです。
(20%呼び戻し・売上も50万以上)

 

ただこのとき売るものが、
単一的かつ高価。
そして使用頻度も多くなかったので、
結果お客さんが次のキャンペーン待ちになりやすくなってしまいました。

 

 

それを回避するためにはどうしたらいいでしょうか?
いくつも方法はありますが、
「季節性を使う」のは有効です。

その時期でなければならないもの。
これなら旬な状況で売り出すことができます。

 

 

ただ季節イベントに乗るだけではありきたりになりがちです。
やるならば深めていきます。
そのイベントの由来や理由と、
お店の特徴と合致するものを
注意深く見つけ前面に出していきましょう。

 

 

当然価格設定、
原価との兼ね合い、
これらも商品の選定に重要です。

 

 

他にも、
とにかくキャンペーンをやること!
そして、そのキャンペーン名がどんなタイトルかを売りにするお店なんかも

あります。

 

 

 

要するに、イベントやキャンペーンは何か理由をつけ作ってしまう。
お客さんが楽しく買う理由ができればOK、ここを突き詰めてみてください。

そして楽しさを作っていきつつ、
「こういう媒体でこれを出していきませんか?」
と提案かけてみてくださいね。

 

 

追伸)
JMWAはセールスライター業界の発展、そして
セールスライターの地位向上を目指しています。
お知り合いのセールスライターに
JMWAのメルマガをご紹介頂けると嬉しいです。

https://jmwa.org/