ヤル気が出ないときの対処法(前編)

From:成澤将士

 

あなたは、やらなきゃいけないことが
山積みなのは分かっているけど、
どうしてもヤル気が出ない時ってない?

 

ちなみに恥ずかしながら僕は結構ある。
自慢じゃないけど僕は意志が弱い。

ちょっと体調が悪かったり、
嫌な事があったり、誰も見てないと
スグにヤル気が出なくなる。

理念とかミッションとか分かってるけど、
それでもどうしたってダメな時がある。

そんなダメな僕だからこそ、
なんとかヤル気を出すために色々な方法を
考えたり聞いたものを試したりした。

もしかしたら、あなたが僕と同じように
ヤル気が出せなくなって困る時が
あるかもしれない。

なので、参考になるか分からないけど
僕がやってみて効果があった
対処法をシェアしようと思う。

全部で5個くらいあるんだけど、
今日はその前半編ってことで。

 

その①:付箋を使う

この方法は、メールの返信や
こまごまとした仕事がいっぱい
ある時に特に有効。

まずその日にやらなきゃいけない事を
1個ずつ付箋に書いていって、
一番簡単にできるやつ順に数字を
振って並び替える。

 

あとは、数字の順番通りに
仕事を進めていくだけ。
できたらその付箋を捨てて次にかかる。

この方法は、最初に簡単な仕事から
始めることで、脳のウォーミングアップを
しながら仕事を片付けつつ、
集中力が乗ってきたところで、
大物に取り掛かるので、作業効率が良い。

 

しかも、視覚的に付箋が減っていくので、
仕事が片付いてる感を実感できるし、
一度書き出すことで、頭も整理されるし、
仕事の漏れもなくなる。

ちなみに付箋を忘れたときは、
メモ用紙にタスクを箇条書きで書いて、
順番を振って、できた順に線を
引いていくだけでも同じ効果がある。

今はトレロとか便利な付箋アプリも
あるし、アナログでもデジタルでも
自分が好きな方を選べばいいと思う。

ただ僕のようにカフェとかの紙ナプキンを
メモ用紙代わりに使うと、店員さんに
冷たい目で見られるので気を付けよう。

 

その②:全力でダラダラする

どうしてもヤル気が出ないときって、
そもそもエネルギー不足の時が多い。

エネルギーって言っても、
肉体的な側面と精神的な側面、
両側のエネルギーがあって、

その両方が満たされてないと
ヤル気って出てこないんだよね。

車で言うとガス欠みたいな感じ。
その状態じゃいくら頑張っても走れない。

だから、車にガソリンを給油するように
足りてない方のエネルギーを満タンに
する必要があると思う。

 

なので、四の五の考えずに自分を満たす。

 

体力が落ちているなら、
とことん寝るのも良いだろう。

精神的に消耗しているなら、
趣味に没頭するのもいいだろう。

大事な人と過ごす一日でも良い。

誰かに会って刺激を受けエネルギーを
分けてもらうでも良い。

この場合最も重要なのは、
「今日はエネルギー補給日」と決めて
それ以外は極力何もしない事。

空いた時間でメールチェックとか
チャットワークの返信とかは極力NG

それをやってネガティブな何かを
目にしてしまったら、その瞬間に
またエネルギーが枯渇してしまう。

なのでスマホを置いて出かけるか、
電源を切るとかできれば尚良し。
要はメリハリだよね。

長くなっちゃったので前編はここまで。
少しでもあなたの参考になれば嬉しい。

ちなみに効果には個人差があると思うので
クレームだけは勘弁してほしい。
そんな人はいないと思うけど^^;

 

PS
あなたのおススメのヤル気を出す方法が
あればぜひ教えてください!