計画を、計画通りに進める3つのポイント

きちんと計画通りにできていますか?

この時期になると
いつも思い出すのが
「学校の宿題」ですよね。

僕はいつも夏休みの
最後の方に駆け込みで
何とか終わらせていました^^;

学生時代の時は
もし宿題が終わらなくても
先生に怒られるだけでしたが、

社会人ともなると、
納期が遅れれば
怒られるだけでは
済まされません。

相手の信頼を失うだけではなく
場合によっては、
返金や損害賠償なども
起こる可能性があります。

 

この悪しき習慣は子供の頃からだった!

ある学習塾が
保護者を対象に2017年に行った
夏休みの宿題についての実態調査
によると、

「計画を立て、コツコツ取り組んだ」のは、
たったの35%
しかいませんでした^^;

「夏休み中の子どもの生活と時間管理の実態調査」グラフ図

引用:「夏休み中の子どもの生活と時間管理の実態調査」
http://prnavi.jp/pr/20170703/58036/

 

逆に言うと、
7割ほどの子供が
・計画通りに進められなかった、
・もしくは無計画で進めた
ということです。

この悪習慣は良くないですよね!

この悪習慣からサヨナラするには?

この悪習慣をどうやって
改善するのか?

そのポイントを
僕なりに考えてみました。

1つ目は、
「スケジュールは余裕を持たせて組む」こと。

よくありがちなのですが、
たいていスケジュール管理で
失敗する人のスケジュールは、

予備日がなかったり、
完成が納期期限だったりします。

これでは、何かあったら即アウトです^^;

2つ目は、
「こまめに進捗報告をすること」です。

意外とこれをしていない人が多い気がします。

これをやると
毎日少しずつでも
進めないといけないし、
クライアントさんも非常に安心します。

もし、何か間違ってても、
修正がすぐできるので
取り返しのつかない状況まで
行くことがなくなります。

3つ目は、
「余裕のあるときにちょっとでも進めておく」です。

「毎日5分でもいいから進める」
というのと迷ったのですが、

気分が乗らない時って、
だいたい進みも悪いので
こちらにしてみました。

いくらスケジュール通りに進んでいても、
明日何が起こるか分かりません。

もしかしたら、
自分の体の調子が
悪くなるかもしれないし、

家族の誰かが
(特に小さいお子さんがいる家庭なら)
病に伏せるとか
本当に良くありますよね。

そんな時が来ても大丈夫なように、
仕事を進められるときに、
できるだけ進めておいたら
後々楽になると思います^^

 

最後に

僕がこれをお話ししたかったのは、
以前、僕自身が病気になって
仕事で穴をあけてしまったからです。

アクシデントが起きた時に後悔しても
それは後の祭りです。

上記の3つのポイントさえ
抑えていれば、

信頼を損ねることは
そうそうないんじゃないかと思います。

「スケジュールは余裕を持って」
「余裕のあるときにできるだけ進めておく」
「進捗はこまめに」

ぜひ、実践してみてくださいね。

今日の方法が
あなたの助けになれば幸いです^^

本日もお読みいただき、
本当にありがとうございました!

PS.
JMWAでは今後も楽しい、
そして役に立つメルマガを
配信していきます。

まだ登録がお済でない方は
協会HPのバナーより
ぜひ登録をお願いします。

無料レポートの方からだと、
お得に登録ができますよ^^

 

【参考資料】
「夏休み中の子どもの生活と時間管理の実態調査」
http://prnavi.jp/pr/20170703/58036/