大企業にはこりゃ出来んわ

from: 藤村紀和

ステイホームしたくないのに
なんとなくせざるを得ない毎日。
企業勤めの人は大変な毎日です。

あなたはいかがお過ごしでしょうか??

 

あぁ、外をうろつきたい!

 

でも、人と大勢でマスクなしで飯を食うと
白い眼で見る…そんな風潮が強いですかね。
自分が住む地方都市なんかでも
情報をリサーチせずに、
受け売りばかりの人も多いです。

 

 

外で食べるのが肩身狭ければ、
ええーい、これだ!
と最近は「出前」にはまってます。

 

 

出前と言えば、
そう。アレですよね。

 

地方都市には大概存在するお蕎麦屋さん。
うどんやそばだけじゃなくて
ラーメンやかつ丼なんかも扱います。

特殊な出前機器をつけたスーパーカブで
届けてくれますね。

 

お店の人が届けてくれるから安心感もあります。

この御時世、だいぶ忙しいみたいです。
伝家の宝刀「はい、今出ました~」
が連発されてるかもしれませんね(笑)

 

 

そんな「出前」に対し、
「デリバリー」は余り利用しません。

自分が住む地方都市にも、
Uber Eats は存在するんですよ。
でも最近めっきり見かけませんね。
首都圏では利用状況どうなんでしょう?

 

 

色んな飲食店のメニューを
自宅に居ながら楽しめるって利点があるですが、
負のイメージのほうが強いんですよね。

・とにかく商品に対して費用が高い
・配達員が変わる、質が担保されない
・自分の稼ぎのために交通ルールを犯す

最近は白ナンバー配達(違法行為)なんてのもあるらしい。

 

もちろん大半の人は真面目に取り組んでるでしょうけど、
何て言うか、、お客さんを向いてる感じをしないんですよね。

配達員を個人事業主扱いにするUberのやり方は
法的に問題ないかもしれませんが、
消費者としては見過ごせません。

 

 

 

ということで、小さな町のお蕎麦屋さん、
固定客の胃袋をがっちり掴み今日もいく。
大企業の逆張りで強みが活きます。

 

 

身の丈にあう商売、
大企業と競らない・戦わない場所を狙う。
ダイレクト・レスポンスマーケティングの真髄ですね。

そんな分析をよそに、お店の大将の談。
「別にそんな儲けようと思っとらんでね」
「わしらはこれしか出来んから(笑)」

 

最後は、人対人のやり取りであること、ですね。