正義の味方、セールスライター

from: 藤村紀和

 

最近やたらとコンビニへ
行くようになってしまいました。

そうしたら7月から変化があったんですね。
レジ袋の有料化です。
コンビニはふらっと立ち寄る感覚なので
何か購入して袋がないと、
意外と不便ではあります。

 

 

マイクロプラスチックが海洋汚染を引き起こす。
そのためにレジ袋を削減し環境への配慮をする。
そんな名目ですね。

 

 

 

原因なんて他にもたくさんあるのに、
「なぜレジ袋?」
と思ったのでリサーチしてみました。
いやらしい裏側がありました。。

 

業界関係者が役人に質問したんです。

「なぜレジ袋だけを狙い撃ちするような
ことをするのですか?」

と聞いたところ、

「わかりやすいから」
と言う言葉が返ってきたそうです。

つまり、
「レジ袋を辞退することで、プラスチックを
減らした、一つ環境にいいことをしたと実感できる。」

「消費者にとってはわかりやすい。
イメージがよい」という。

 

 

 

 

そしてレジ袋の業界は
中小零細企業が多く、
政治への発言力も弱いから、
生け贄にされたわけです。

 

環境対策やってる感を出すための。
ひどい話だ!
レジ袋なんて使い勝手いいのに…
音がガサガサするけれど。

 

 

 

だってゴミ袋になるし、
洗濯物を入れられるし、
目と口開ければ仮面になるし(笑)

 

 

今やWeb上で数多くの商品紹介ページがあります。
変なページも多くありますよ。
そんなページはだいたい見抜かれます。
客声が嘘臭かったり、
やたらと煽って不安にさせたり、
良いことしか言っていなかったり。

 

 

 

レターは誠実に書くことです。
90%でもなく120%でもなく、
100%を余すところなく正直に書くことです。

レジ袋の原料って、
ナフサですからね。
極論を言えば、石油生成過程での余り物。
割り箸を使わなくなった過程と似てます。
森林を守るための間伐材から作ってるのに、
森林破壊とレッテル貼られて…

 

 

セールスコピーの技術は、
正義の味方に使いたいものです。