チラシの反応を5倍にする方法


From:成澤将士

 

今日はチラシですぐに使えるテクニック
について話そうと思う。

チラシもれっきとしたセールスレター。

もちろん売れる型的なものもあるし、
入れ込むべき要素も決まっている。

でも今日話す内容は、ネットでは使えない、
チラシ特有の反応を高める方法。

それは何かというと、、、、

はい!ここでクエスチョンです。

これをするだけでチラシの反応が5倍に
なると言われている方法。

それは以下のどれでしょう?
オファーはどれも同じものとします。

手書きで書く
クーポンを付ける
新聞風にする

 

さあ、あなたは何を選ぶ?
答え、選びました?
では気になる正解発表!

 

正解は、、、、、、、

 

②クーポンを付ける

 

でした!


どうでした?
当たりました?

確かに手書きや新聞風なども
効果があるとは言われている。

 

でも、それは「目立つ」という効果があって
その副次的効果で反応が上がるというもの。

 

しかし、クーポンはそれらと違う。

全く別物の魔力が備わっている。

例えばオファーが、定価⇒半額のチラシ。
そのチラシに、オファー通りの
半額クーポンを付ける。

たったそれだけで、反応が上がる。

ちなみに、クーポンの内容(金額等)は
反応にあまり関係なかった。

大事なのは、クーポンがあるかないか、
たったこれだけの事。

もちろんオファーが大事なのは間違いない。

でも、このクーポンの不思議な効果は
ある意味、オファーを超越している。

 

ちなみにクーポンにも売れる法則がある。


切り取り線を入れる
クーポンは手書きよりパソコンで

 

たったこれだけの工夫で、
効果をさらに
高めることができる。

あとは、ポスティングでしか使えないけど、
クーポンをホチキス留めするだけで
もっと反応が上がる。

しかも、少しだけハミ出すように
留めるのがポイント。

商圏が決まっているビジネスにおいて、アナログ集客は無くてはならないもの。

そして、新規客を獲得するツールとして
チラシが有効なのは間違いない。

あなたもチラシを作る時に、
断れないほど魅力的なオファーを
用意できたのなら、

ぜひ騙されたと思って
クーポンを付けてみて欲しい。

DRMはテストの繰り返しで精度を
上げていくもの。

一度テストしてみる価値はあると思わない?