こんな人に、あなたならどう売る?

from 成澤将士

ちょっと前の話だけど、炊飯器と電子レンジを買い替えた。

たまたま電子レンジの中板を落として割ってしまったのと、奥さんが発酵玄米にハマって炊飯器を発酵用にずっと保温で使ってるので、白米が炊けなくなって仕方なくって感じで、特に不満もなかったんだけど必要に迫られてって感じ。

 

ちなみに僕は物持ちが良い方なんで、炊飯器は10年、電子レンジは20年使い続けてた。

良いものを買って長く使うスタイルが好きなんだよね。

 

んで、今回買い替えてみて本当にビックリした。

 

まず炊飯器は、今までと同じお米を炊いてるのに、美味さが全く違う。

色、艶、香り、食感、どれをとってももう違うお米としか思えないレベル。

あまりの美味さに3回おかわりしたくらい(笑)

 

そして電子レンジも温めや解凍のムラが全くない。

 

どちらもあまりの違いに、買って良かったと心から思えるほど感動した。

きっかけはイレギュラーだったけど、本当に出会えてよかった、と。

 

でも、ここでふと思った。

 

「これ、僕みたいな人には、どうやって売れば良いんだろう」と。

 

何でもすぐにこう考えてしまうのは職業病だね(笑)

 

セールスレターの鉄則は、ネガティブな感情に訴える事ってのは、きっとあなたも知っていると思う。

悩みや不満、恐怖に訴えて、その解決策として商品をアピールするのが、一番スタンダードだよね。

 

でも、今回の僕のように、そもそも現状に何の不満も持ってない場合は、どうやってその人に売れば良いと思う?

「こんな悩みや不満はありませんか?」って訴えても、そもそも悩んでないし不満もない。

 

僕は今回たまたま事情があったから、買い替えって選択をしたけど、それがなければ今でも普通に不満もなく使い続けてたと思う。

 

でも、実際新しいのを体験したら、今までが何だったんだろうってくらいの違いと変化だった。

 

あなたなら、こんな人にどうやってアピールする?

 

僕なら、「恐らくこうするだろうな」って答えはいくつか思いついたけど、その答えは置いておいて、

 

こういう思考トレーニングは、クライアントも商品もターゲットも毎回変わるような僕らの仕事では、結構大事だと思うんだよね。

 

せっかく学んだものを「どう使うか?」ってのは人によって違ってくるけど、普段からそういうトレーニングをしておけば、いざって時に力を発揮しやすくなる。

 

ちなみに脳は、実際に起きている事と想像で起きている事の違いが分からないらしい。

 

梅干しを想像しただけでツバが出てくるのは、脳が想像を事実だと認識してるから。

 

ボクシングでもシャドーボクシングってトレーニングがあるけど、この想像の力を上手に使えば、踏んだ場数が少なくともスキルは上がるってことを、先人達はちゃんと知って活用してるってことだよね。

 

という事で、「自分ならどう売るか?」ってイメトレ、僕はかなりオススメ。

 

そしてこれを無意識でやるようになったら、それはもう立派なマーケティングオタク。僕らの仲間だね(笑)

仕事を依頼されるライターになりたい人へ
「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール