これぞポジショニングのお手本

戦国時代好きの方には、
とっても共感して
もらえることなんですがね、

 

戦国時代はまさに、
英雄が綺羅星のごとく
登場してまして。

 

そのなかでも三英傑、
信長・秀吉・家康は
やっぱり知名度も高く、
人気なんですよね。

 

他に好きな戦国大名ランキングでは、
必ず出てくる武田信玄・上杉謙信・伊達正宗・毛利元就など。

 

こうしたところは知ってる人や詳しい人も多く、いわばレッドオーシャンなわけです。

 

で、最近読んだ歴史小説の
著者である伊東潤先生。

この方小説家デビューが42歳、
もともとは城巡りが趣味で、
紹介するページを作り紹介記事を書いていたら小説家になってしまったという方。

 

 

当然当初は、
メジャーどころの戦国武将を
扱って書こうか…

と最初思ったそうです。
でもそれじゃ、
他と同じく埋もれてしまう…

 

 

そこで選んだのが、
メジャーマイナーな戦国大名。
北条家、だったんです。

写真は本拠地、小田原城。

 

 

伊東先生のご出身が、神奈川県。
地元の雄が、
北条早雲から数えて5代の、
北条家でした。

 

北条のお城は縄張りに特徴があったり、
また戦国時代では珍しいくらいに
家族仲が良いんですよ。

 

そして武田や上杉とも互角に渡り合う有力大名でありながら、世間の認知は一枚落ちる。

 

 

ここに目をつけたんです。
コアなファンを獲得して、

「北条の小説といえば、伊東潤」

を確立して、
そこからメジャーどころに進出していく。

 

 

歴史好きな人たちって大概、
お気に入りの武将がいるんです。
当然そこに関わる他の武将にも興味があるんです。

 

そこを最終アプローチ先として、
まず「○○といえば自分」状態を作っていく。

 

 

 

あなたの関わる業界でも、
こんな「メジャーマイナー」はありませんか?
もしくはメジャーどころで、さらにジャンルを絞る。
そこの第一人者・詳しい人になれれば、道が開けていきますよ!

セールスライターならたとえば、
チラシ→飲食店のチラシ→居酒屋のチラシ・マスコット店員推しが上手いチラシ…なんていかがでしょうね??