結婚したけりゃマーケティングせぃっ!!と言った

from: 藤村紀和

 

今、結婚相談所のWebページ作成と
コンテンツ記事作成に携わらせて頂いています。

そして書くためのリサーチするなかで、
対象となる人の悩みを軸に
どんな感情を持って婚活しているか?
を中心に進めているのですが、

「婚活って、つくづくマーケティングだなぁ。」

そう思いました。

 

 

 

婚活市場において、
自分を商品と見立てればまさにそうですよね。

 

しかしこの “商品” は残念なことに、
必ず年を重ねていきます。そして市場において、
この「年齢」という特徴がかなり重要です。

 

なかなかうまく行かずに年を重ねていく…
たくさんの方が男女問わず悩み、
「上手くいきたいのに、行かないなぁ…」
って抱えながら活動頑張っています。

 

 

 

で、あなたに一つ尋ねたいんですが、

 

こうして活動されている方々の、
特に男性で一番多い悩みって何だと思います?

大きく2つあるんですって。

 

 

もちろんステージによって悩みは変わるのですが、

 

1つは、会いたい人に会えない。申込段階で断られること。
もう1つは、会っても断られてしまい、関係が続かないこと。

 

冒頭言った「婚活はマーケティング」、
マーケティング手法を使ってどう解決ができる??

 

 

是非とも考えて頂いて、
あなたの周りで婚活に頑張っているのに
なかなか結果が出せていない方へ教えてあげてください(_)

 

 

ということで大きな悩み2つに対する、
改善アプローチを考えてみました。

 

お悩み①:
会いたい人に会えない、申込段階で断られてしまう

 

この悩みの原因は、、
ファーストコンタクトがうまくいっていないということです。

 

婚活のファーストコンタクトって何でしょう??

 

それは、プロフィール。
これが一番最初の接点になるわけです。

 

実はこのプロフィール、
面白いのは、男女で
プロフィールの最初に見るところが
決まってるんだそうです。

 

男女でそれぞれ、
プロフィールのどこを見るか、分かりますか?

 

男性は、女性の「写真」を見る。
女性は、男性の「収入」「家族構成」を見る。

だそうです。

 

 

その後に趣味とかが合いそうか見るんですって。

 

リアルですよね笑

 

 

出会える人は、プロフィールが作りこまれています。

そして、趣味やコメント欄に
必ずひとつスパイスを入れてるんです。

 

 

例えば、趣味の欄によくあるような
音楽鑑賞、スポーツ観戦、読書、旅行…

なんて書き方をしません。

目を引く単語を入れることで、
自分に合いそうな相手に対して
フックが掛かるように工夫を入れているんですよね。

 

 

 

つまり、プロフィールはターゲットが引っ掛かるように工夫して書き、「会ってもいいかな」と思ってもらう。

 

そして申込みを承諾してもらって1回目に会うときには、
書いているプロフィールを中心に、いくつか話を組み立てて臨みます。

狙いは、2回目に会って貰うことです。

 

 

 

はいお気づきかと思います。
そうです、レターを読ませるときの進め方そのものですね。

 

プロフィールがヘッドラインの位置づけで、
1回目に会って話すことはリードの位置づけですね。

 

セールスレターしかり、
Webコンテンツの記事しかり、

まずは読んで貰わなければいけません。

 

そしてそこには、
「Not Readの壁」があります。

 

まずは最初の取っ掛かりで
読んで貰わなければ先へ進めないわけです。

 

 

 

セールスレターは反応率とか見ながら
内容を調整していき最適解を探します。

ただ反応を取ることを目的にしてしまうと
相手に気に入られようとして合わせ過ぎ、
結果余計に反応が取れない…なんて事もありがちです。

 

婚活も同じような感覚で活動できれば、
段々結果が出てきやすくなるのでは?

そう思うのは僕だけでしょうか汗

 

辿り着けたいゴールに向けて、
一つずつ逆算していって、
最初の取り掛かりをつくる。

そしてこのスタートから、
次へ、まとその次へと見たときに
違和感なくゴールにたどり着けるか?

 

 

反応が無ければ、
プロフィールなり話の進め方を改善していくだけですね。

 

一つずつ往ったり来たりしながら
作ることで成功率アップ間違いなしです。