セールスレターを短時間で書く方法

From:成澤将士

 

「レターを書くのに時間がかかるんです。
どうしたら早く書けるようになりますか?」

 

これは駆け出しのセールスライターさんから
必ずといっていいほど聞かれる質問。

そして僕も以前は同じ悩みを持っていた。
書く前に頭の中で、ざっとスケジュールを
組んでみる。

無理のない現実的なスケジュール。
なのに、いざ書いていくとその通りには
まったく進まない。

納期が近づいているのにサッパリ終わらない。
結局時間に追われて、夜更かししながら
必死にライティング。

夏休み最終日に泣きべそかきながら
宿題をやっている小学生、彼らもきっと
こんな気持ちなんだろうかと、変な共感。

 

当時の僕は、どうにか
短時間で書けないだろうかと、
時間短縮系の本を読んでみたり、

新たな教材を買ってみたり
セミナーに行って講師に聞いてみたり
タイピングソフトでタイプ練習したり
本当に色んな事をしてきたし
ずいぶん出費もかさんだ。

でも、だいたいどれも期待外れ。
思い返せば、その当時の僕は、
短時間でレターを書き上げる先輩たちを見て、
きっと、何か僕の知らない秘訣や
とっておきの方法があるに違いない。

 

そしてそれを内緒で使っているんじゃないか?

そんな風にさえ思っていた。
もしかしたらあなたもそんな風に
思ったことがないだろうか?

だから今日は僕が色々やってみた結果、
見つけた方法をシェアしようと思う。

 

短時間でレターを書き上げるのに必要な
たった一つの方法とは、、、

 

「いっぱい書く」

 

たったこれだけ。
えっ?
いやいや、そんなことじゃなくて
もっとテクニック的な事があるでしょ?

そんな声が聞こえてきそうだけど、
本当にこれだけ。
ガッカリさせたなら申し訳ない。

確かに短時間で書き上げる
「コツ」みたいなものは
人それぞれ持っている。

でも、大事なことは誰かが
見つけたテクニックや方法を
マネすることじゃなくて、
それ以前の、自分の技術の問題。

 

つまり「慣れ」が足りなかったことが
短時間で書けない最大の原因だと思う。
どんなことでもそうだけど、
最初は時間がかかるし上手くいかないもの。

 

それでも繰り返すうちに
コツや要領が掴めてきたり、
スピードや確度が上がってくるもの。

 

僕ら人間は少しでもしんどいと
すぐに楽な方法を探す。
魔法の薬が欲しいんだよね。

 

これは本能だから仕方ない。

 

でも、本当の意味で楽をしたいなら、
短時間で最大の効果を求めるならば、
他に方法を求めて寄り道をするんじゃなくて

地道な積み重ねがモノを言うんだと思う。

 

僕が講師を務めている協会の講座は
半年間でセールスライターとして
自立するための厳しい講座。

毎月強制的にセールスレターを
書いてもらい、それをレビューする形式。
最初の方は受講生からはこの「時短」に

ついての質問があった。

 

正直、その頃提出されていたレターの
出来もあまり良くなかった。

でも、まだ講座は半分しか終わってないけど、
そういう質問はなくなってきたし、
もうすでにどこに出しても恥ずかしくない
レベルのライターが続出している。

 

おそらく半年間の講座が終わる頃、
受講生の彼ら、彼女らはきっと、
時短に関する悩みについて
気にもしなくなっているだろう。

 

そしてそうなれば、
この「時短」問題に対する僕の説は
受講生たちにより証明されたことになる。
そして、僕個人としては、きっと
そうなっていると信じて疑わない。