こんな仕事の取り方もある

from: 藤村紀和

 

技術があっても生かす場所が無いと
とっても残念なことですよね。

商品やサービスが売れるときって、
・商品が役立つ見込み客へ
・課題解決できるよと感情の動く言葉で
・その相手に届く媒体を使い、届ける。

 

そして商品が常にある(笑)

先日昌子さんの事例は面白かったです。
→ <このお話ね

 

買う気まんまんなのに、
商品無いとガックリです_| ̄|○
鉄は熱いうちに打て!打たせて!

 

 

よくお魚釣りで例に出ます。
マグロ釣りたきゃ沖合に行って(市場)、
専用の竿とリールを使って(メディア)、
エサはイカとかマグロが食べるモノ(メッセージ)。

売る商品やコンテンツを持ってるなら
この「市場」を獲得していきたいです。

 

これは偶然なかたちなんですが、
こんな事例もあるのでご紹介です。

 

……….

これは最近聞いたある方の話なのですが、
最近仔犬を飼い始めたんですと。
仔犬ってある程度育つまでは
付きっ切りでついてなければならんです。
ただその方、コンサル業をしていて独身。

 

家を長時間空けるときは
友人や近所の方々にお願いしています。

ただ急遽のときは、困りますよね。

 

どうしても預かってくれる人がいなくて、
あるペットショップを紹介して貰ったそうです。

 

しかしこのペットショップがすごい。
なんと一見さんお断りのお店!
一時預かりとトリミングをしてますが、
だからか利用料は高め。

 

 

懐ろが痛かったそうですが
仔犬のためにも奮発したそうです。
ただ技術や見る目が確かなお店で
「この仔はとっても良い子ですね」
なんて言ってたそうです。

 

始めて犬を飼うものですから
お店の方や他のお客さんと犬談義をして
コミュニケーション取って、
色々教えを請うてるそうです。

 

犬という共通な話題があるから、
知らない人でも話がしやすいですね。

 

 

そしてこういうお店なので、、
お客は皆富裕層なんだとか…

 

 

そこからはお察しの通り。
お互いのワンコの話

互いの仕事の話

課題や問題のヒアリング、
そして解決策など雑談

企画書で提案 ….

という流れです。

 

富裕層は富裕層で集まるので、
その世界への入り口が
こんなところから現れたりするんですね。

 

 

と言いつつ、それ目的で近づいても
人間力のあるお方々にはバレちゃいます。
富裕層が集まる場所をリサーチする。
これも大事ですが、

 

自分自身が見合う人物で居ないと
繋がり続けられない(自分も経験あり)。
技術を生かすのも、使うのも
やっぱり「人」ですから。
技術と人間力の両方を研鑽ですね。

 

チャンスをすぐ形にできるようにするためにも。

 

仕事を依頼されるライターになりたい人へ
「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール