突然ですが、コピーライターやめます

From:昌子 幹

というわけで、今年最初のメルマガです。

これを読んでいるあなたは
もう今年の目標を立てたことでしょう。

僕も立てました。

それが、
セールスコピーライターをやめる
ということです。

今年は個人的には節目の年だと思っていて
副業でコピーを書くようになってからちょうど10年、
独立してからは3年になります。

で、独立した時に僕は
10年間で3つの事業を
立ち上げようと思っていました。

一つ目が、コピーライティングの代行事業。
二つ目が、コピーライティングの教育事業。

三つ目が、なんと言っていいかわかりませんが、
売りたい商品を自社で制作して自社で販売する、、、

うーん、例えて言うなら
自分で曲を作って自分で歌う
シンガーソングライター
みたいなもんでしょうか?

あっ、シンガーコピーライター???

いや、歌わんし。。

教育事業もまあ、
そうと言えばそうかも知れませんが
コピー以外の商品ということですね。

それはともかく、
一つ目の代行事業は
この3年間で曲がりなりにも
形にはなってきたかなと思っています。

ただ、課題はもちろんあって
僕一人ではもう
キャパオーバーだということ。

どんなに頑張っても
クライアントの希望納期に間に合わないため
泣く泣くお断りすることが増えたり、

毎月入るレビュラーの仕事に至っては
納品まで4ヶ月待ってもらう
状態が続いています。。

なので、去年から少しずつ
外注化しようとしてるんですが
これがなかなか進まない。

理由は2つ。

ひとつは、外注したくても
外注の準備をする時間がない
ということ。

一つのセールスレターや
プロモーションを納品したら
もう目の前に次の納期が迫っている、、、
ということを延々と繰り返しているからです。

丸投げすればいいかも知れませんが
さすがにそういうわけにもいかず
ある程度、こちらでアイデアとか
アウトラインを作って渡す必要があります。

なんてことをやっていると
結局自分でやってしまう事になるんですね。。

こんなことを続けていたら
なんの成長にもつながらない!

というわけで、
今年は思い切って自分で書くのをやめて
周りの人にお願いしていこうと思ってます。
(もちろん、徐々にですが)

ただ、そうすると次の問題があって
それがお願いできるコピーライターが
あまりいないということ。

お願いしたいと思う人は
たいてい自分の仕事でいっぱいで
他人の仕事を手伝う余裕はありませんし、

スキルはありそうだなと思っても
社会人として終わっている人もいますしね。。

ただ、ひょんなことから
スキルも高く人間的にも信頼できそうな
コピーライターと年末に出会い、
少しずつ外注化を進めてはいるんですが、
彼とて自分の仕事で手一杯。

というわけで、結局
最初にお話しした二つ目の事業である
コピーライターの育成・教育が
急務になりつつあるのですが、
お気づきの通り
それはJMWAの事業目的でもあります。

なので、JMWAの活動も今年は
より一層(?)力を入れて
いこうと思ってますので、

コピーライターに興味がある人は
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。

 

昌子 幹