ライティングが楽しくなる秘訣

From:昌子 幹

「もうセールスレター書くのイヤ…」

そう思ったことはありませんか?

僕はあります。
まあまあ、あります。

だって、、、

セールスレター書くのって基本
しんどいじゃないですか?(笑)

地味なリサーチを延々と続け、
特徴をベネフィットに転換し、
アイデアやコンセプトを考え、
ストーリーボードを作って
ガリガリと一心不乱に書き続ける。

それらがスムーズにいけばまだしも
だいたいどこかで躓きます。

しかも、ほとんどの場合
納期に追われながら。。

下手したら、
複数のセールスレターを
同時進行させなければならない
場合だってあります。

ひとつのセールスレターが
書き終わった時にはまさに
「魂の抜け殻のような状態」
という言葉がピッタリでしょう。

しばらく何もしたくありません。

まあ、それでも、作った
セールスレターがヒットすれば
そんな苦労も報われるんですが、

コケた時には悲惨です。
目も当てられません。

とはいえ、それは
避けられない現実。

であれば、、、

どうせなら、楽しく
ライティングしたいと思いませんか?

もっと贅沢を言うなら、
楽しくライティングしながら
それがヒットしたら
最高じゃないですか?

そんな方法が
あるわけないって?

実はあるんです。

それが、、、

自分の読みたいことを
書くことです。

というのも、ちょっと前
本屋でおもしろそうな本を
見つけたんですね。

それは、
「読みたいことを、書けばいい。」
(ダイヤモンド社)
という、元電通のコピーライターが
ブログとか書く人向けに書いた本。

ぶっちゃけ、
立ち読みしただけなんで、
そんなに詳しくは読んでないし、

部分的に賛同できない
ところもあったんですが、

「自分の読みたいことを書く」
という趣旨は僕も大いに賛同します。

というのも、
それがセールスレターでも
自分の読みたいことを書くのは
大きなメリットがあると
個人的には感じているからです。

まず、ライティングが
すごく楽しくなる。

筆がどんどん進んでいくんです。
全然、苦痛を感じないんです。

「自分だったら、こう言われたら
もっとおもしろいだろうな」
ってワクワクしながら書けるんですね。

そして、書きながら
自分で欲しくなる(笑)

実際、自分が楽しみながら
書いたセールスレターは
ヒットする確率がかなり高いです。

たとえ、自分がペルソナとは
かけ離れている場合でもです。

なぜでしょうか?

その理由はおそらく
万人に共通する部分が
少なからずあるからだと
個人的には思っています。

それは、おそらく
人間の根源的な欲求や
感情なのかなと。

まぁ、でも、そんな
難しいことは考えなくて
いいかもしれません。

要は、単純に
商品のことが好きになれば
いいんです。

「これは、おもしろい!」

「これは、絶対多くの人に
知ってもらいたい」

もし、そう思うことができたなら、
なぜそう思ったのか?

そこに至った経緯を
そのまま伝えてあげればいいのです。

ライティングを楽しみましょう。

それでは、また。

P.S.
JMWAはセールスライター業界の発展のために、
セールスライターの地位向上を目指しています。
お知り合いのセールスライターに
JMWAのメルマガをご紹介頂けると嬉しいです。
https://jmwa.org/