セルフイメージを上げる超簡単な方法

From: 昌子 幹

いよいよ、2020年が
スタートしましたね♪

年末最後のメルマガと同様、
新年最初のメルマガって
何を書こうか迷うんですが、

今日はセルフイメージを上げる方法
について話そうと思います。

というのも、
新しい年が始まるにあたって
今年の目標を設定する人は
少なくないと思いますが、

目標設定のやり方ひとつで
セルフイメージが簡単に
上がったり下がったりするからです。

年末に成澤さんがメルマガで
言っていたように、

目標を設定しても
それを達成できる人は
ほとんどいません。

かくいう僕も、今までに
新年になっては目標を設定し
達成できずに落ち込むということを
何度も繰り返してきました。

実はこれ、目標が達成できないこと以上に
深刻なダメージを自分に与えてしまいます。

それが、セルフイメージが
がんがん下がるということ。

「やると言ったことができないダメな自分」
と自分を責めてしまうわけですね。

で、真面目な人ほど「これではいけない」と
自分に鞭打つような目標を新たに立てては
また撃沈してしまうわけです。

こんなことを繰り返していたら
「自分のセルフイメージを高く保て」
という方が無理な話です。

でも、何より問題なのは、
基本的に人は自分がイメージした
以上のことはできないので、

セルフイメージが下がれば下がるほど
本当の自分であれば達成できるはずの
目標からどんどん遠ざかるという
負のスパイラルにはまっていくことです。

では、どうすればいいか?

そこで、個人的におすすめなのが
毎日、確実に達成できる
ルーティン目標を設定することです。

例えば、毎日、セールスレターを
一本まるまる写経するというのは
おそらくほとんどの人にとって
実現が難しいのではないでしょうか?

少なくとも、僕にはできませんでした。。

でも、部分的にでもいいので、
1日15分だけ写経するならどうでしょう?

15分が難しければ
10分、いや5分だけとか、、、

いずれにしても、毎日、
確実に実行できるレベルにまで
目標を下げることがポイントです。

そして、その目標を
手帳か何かに書いておいて、
実行したら線を引いて消したり
チェックを入れることです。

これを続けていくと
ほぼ確実にセルフイメージが
上がっていきます。

なぜなら、
「自分はやると言ったことはやる人間なんだ」
という自信がつくからです。

「もっと大きな目標も達成できるかも」
という自信がつくからです。

たとえそれが、どんなに簡単な
ルーティン目標であってもです。

写経を例に出しましたが、
もちろんコピーに関係の
ないことでもいいんです。

成澤さんがおすすめしたいたように
1日を振り返ることを
ルーティンにしてもいいし、

朝食を食べる、
靴を脱いだら揃える、
挨拶をする、、、

毎日当たり前にできることを
あえて目標にして1ヶ月も続けてみると、
ほぼ確実にセルフイメージは
上がっていくはずです。

そして、セルフイメージが上がれば
より大きな目標も達成しやすくなるはずです。

興味のある方は
やってみてください。

それでは、今年もよろしく
お願いいたしますm(_ _)m

昌子 幹

1 個のコメント

  • 私も目標達成が思うようにできません。小さな目標を習慣化するといい、という
    話を別のところで聞いたことがあります。
    その時は、目標を細分化して小さなことを習慣化すると、次第に大きな目標達成に近づく、
    みたいな話でした。それでも気がつけば自然消滅してしまったのです。

    今回の昌子さんの話は違いますね。
    1)コピーに関係のないことでもいい。
    2)手帳などに目標を書いておいて、実行したらチェックを入れる。

    特にチェックを入れるところがポイントだと感じました。
    それをやると、視覚的にも筆記的(?)にも、脳への刺激になりますよね。

    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください