最高の誕生日プレゼントを頂きました

from 成澤将士

個人的なことだけど、先週は僕の誕生日でした。

多くのお祝いのメッセージを頂き、とても嬉しかったです。

誕生日はいつでも嬉しいものだけど、今年はとりわけ嬉しいものになりました。

 

というのも、ある方(便宜上Aさんと呼びます)から、僕がずっと欲しかったものを頂いたんです。

 

ちなみにそれは、僕が数年前に失くしてしまったもの。

 

当時、それはむっちゃお気に入りで、2年以上それはとても大事にしていたんだけど、残念ながら僕の痛恨のミスで失くしてしまったものでした。

 

失くしてしまった時は、「まあ失くしたモンはしゃーない。」なんて強がっていたけど、僕の心にはぽっかりと穴が開いたようで、かなり引きずったりもしました。

 

それからは、ふとした時に失くしたことを思い出して落ち込んだり、失くしたものが夢に出てくることも度々。

 

良い大人がそこまで落ち込むか?と思われるかもだけど、僕は基本的に物持ちが良い方だし、気に入ったものを長く使うことが好きなタイプ。

 

そして失くしたものはある意味一点物で、似たようなものは結構あっても、他では替えのきかないほど全てが気に入っていたもの。

 

代替品を試すこともしたけど、やはり全然ダメで早々にそんな気持ちもなくしていました。

 

それから数年。今年の誕生日の10日ほど前、唐突にそれが手に入ったとAさんから連絡が。

実はちょうどその一週間ほど前にAさんとお話をした時に、ちょっとそれが話題にはなってたんだよね。

 

それから一週間、Aさんは僕の誕生日プレゼントにと、ずっと気にかけて探してくれていたらしい。

 

最初それを聞いた時、まず僕はビックリ。

「えっ、マジで?ホントに?」って思った。

そしてそれが本当だと分かると、それはもうむっちゃ感動。

 

もう二度と手に入らないと諦めていたから、喜びもひとしお。

 

でもそれ以上に、僕のためにとAさんが頑張ってくれていた気持ちが何より嬉しかった。

 

僕はきっと生涯このことを忘れないし、もう二度と失くさないように前以上に大切にしようと思う。

 

そして、僕のためにそこまでしてくれたAさんには一生感謝するし、何かあったら僕ができる限りの協力はするだろう。

 

ちなみに受け取った日はあまりに嬉しくて、それを眺めてはニヤけるの繰り返しで、僕の表情筋は軽く筋肉痛になった(笑)

 

 

僕たちマーケティングに関わるライターは、ともすれば「言葉」で何とかする傾向にある。

でも、その「言葉」が本物かどうか、本当に相手を思ってのものなのか、ただ説得したいだけなのかってのは、思っている以上に相手に伝わるものだったりするんだよね。

 

だから、書く以上は「商品」に惚れこまなきゃいけないし、届ける相手のことも真剣に考えなきゃいけないし、何て言ったら刺さるのかも工夫しなきゃいけない。

 

今回の僕の話は「言葉」じゃなくて「行動」だったけど、それでも気持ちが大事ってことは同じだと思う。

 

まあ、結局リサーチがとっても大事って結論になっちゃうんだけど、思いのこもった文章は、多少つたなくても刺さるもの。

 

世界一のセールスコピーライターと言われたゲイリー・ハルバートは「セールスレターはラブレターのうようなものだ」と言っているけど、これはある意味核心を突いた言葉だと思う。

僕らの仕事は「説得すること」じゃなくて「思いを届けること」だってことを忘れてはいけないよね。

 

PS:
ちなみに今回のように「モノ」が何なのかを明かさずに興味を引いて続きを読ませる方法を「ベルベットポーチ」って言ったりする。

「中身が見えないからこそ正体を知りたくなる」っていう好奇心を利用したテクニック。

今回はAさんに了承を取ってないから正体を明かさなかったけど、実際は良いタイミングで正体を明かしても問題ないよ。