モチベーションが続かないなら…

セールスライティングは本当に奥深いです。

先日も、クライアントにレターを提出した後に
セールスライターの記事を読んでいてそう思いました。

日本にも優秀なライターさんがいますが
やはり米国のライターの方が凄いです。

そんな米国のライターのインタビュー記事を読んでいると
本当に気付かされることが多いです。

あるライターの記事に
個人的に共感できることが書いてありました。

 

それは、コピーライティングのどこが一番好きか?
という問いに対して

「挑戦しがいがあること」

と答えているところです。

その後に「それだけの報いがあること」
というのもあったのですが

さすがに米国の超一流ライターの報酬とは
月とすっぽんなので、その部分はスルーですが(笑)

 

報酬はさておいて、次の発言に同意しました。

「新しいパッケージを書くときには
新しいことを学ばなければならないので

いつも何かを発見している感覚があり
それが好きです。」

私も同じですね。

ある意味、これが楽しいから
ライティングを続けているのではないか?
と思う時があります。

特に、クライアントからダメ出し食らったり
レターの反応が悪かったりして
書き直しをするときなどは特にそうですね ^^;

いっそのことやめてしまおうか…
ということも一瞬頭をよぎりますが

前と別の角度から調べていると
新しい発見があって

それでワクワクして
仕事を続けているところがあるような気がします。

 

セールスライティングの勉強をしている方の中には
主に、お金を稼げるから
という理由で取り組んでいらっしゃる方もおりますが

個人的な感想としては
そういう人は、あまり伸びないように思えます。

 

お金は一時的なモチベーションとしては強力です。

例えば、
認定試験用のレターを書くためのモチベーションに使う
とかは良いかもしれません。

でも、ずっと仕事をやって行こうとしたら
それだけでは続かないと思います。

そうれでなければ
思ったような稼ぎがないとやめてしまうことにもなります。

 

別に好奇心旺盛でないといけないわけではありません。

自分の得意な分野や大好きな分野に限定して
ライティングの仕事を請けるのでも良いと思います。

お金以外のモチベーションになるものも
持つのが良いのではないか?

モチベーションが上がらないと感じたら
自分の得意な分野や大好きな分野のレターを書いてみる
というのが良いのではないでしょうか?

いつも、ありがとうございます。

米野敏博

PS:
JMWAはセールスライター業界の発展のために、
セールスライターの地位向上を目指しています。

メルマガを登録していただけると
他では手に入らない
「売れるキャッチコピーはどっち?」
を無料で入手できます!

メルマガ登録はコチラ